記事

「ヌードでは売れない」米誌プレイボーイが全裸廃止 日本では春画掲載の編集長「休養」の理由を考えてみた

1/2

創刊号はマリリン・モンロー

人気女優マリリン・モンローのグラビア写真とともに1953年に創刊され、世界中の男性から圧倒的な支持を受けてきた米誌プレイボーイが全裸女性の写真の掲載を取りやめる。インターネット上で全裸女性の画像や動画が氾濫し、ヌードは新鮮ではなくなり、雑誌が売れなくなったためだ。

リンク先を見る

メディアの帝王ルパート・マードックも今年1月、英大衆紙サンの3ページ目に掲載されてきた女性のトップレス写真を廃止した。一方、日本では春画のグラビア記事に「編集上の配慮を欠いた点があった」として週刊文春の編集長が3カ月間休養の「処分」を受けた。時代は「秘すれば花」を求めているのか、それとも…。

先月、プレイボーイ誌のコリー・ジョーンズ編集長が創刊者ヒュー・ヘフナー氏をプレイボーイ・マンションに訪ねて、こう進言した。「セックスはこっそり見て楽しむものから、いつでもどこでも見られるものになりました。もう全裸女性の写真を出版するのは止めるべきです」

89歳のヘフナー氏はうなづいた。プレイボーイ誌のスコット・フランダーズ最高経営責任者(CEO)が米紙ニューヨーク・タイムズのインタビューで明らかにしている。

プレイボーイ誌は来年3月に誌面を改革する予定だ。全裸ではない挑発的なポーズの女性の写真が掲載される。プレイボーイ誌の発行部数は560万部の人気を誇った1975年から40年で7分の1の80万部に激減した。

編集長だったヘフナー氏は創刊時、読者への手紙で「もし、あなたが18歳から80歳までの男だったら、プレイボーイは意味がある読み物です」「ポルノにちょっぴりムード・ミュージックをきかして」と綴っている。

モンローのグラビア写真はセンセーションを巻き起こし、1部50セントで約5万4千部は売り切れ。女性がまだ男性にとってエンターテイメント(愉しみ)だった時代だ。

今やインターネット上に全裸女性の画像や動画があふれ返り、無料で、かつ無制限に閲覧できる。もはや女性の裸に希少価値はなくなった。

プレイボーイ誌はフェイスブックやインスタグラム、ツイッターで拡散しても良いようにインターネット版のコンテンツを穏便なものにしたところ、アクセスが急増した。

昨年8月、ウェブサイトのヌードを廃止。すると閲覧者の平均年齢が47歳から30歳に下がり、月間ユニークユーザーも400万人から1600万人と4倍に増えた。

ヌードが部数を減らし、脱ヌードで逆に若い男性のアクセスが増える時代になった。今どき全裸女性の写真が掲載されたプレイボーイ誌なんかを見ていたら、ガールフレンドに顔をしかめられるのが落ちなのかもしれない。

プレイボーイ誌は米国で年間300万ドル(約3億6千万円)の損失を出している。赤字を埋めているのはプレイボーイのブランドやロゴ収益だ。その40%は皮肉なことにプレイボーイ誌が発行されていない中国からもたらされている。

幕を閉じた英国のページ3ガール

今年1月、英国では大衆紙サンのトップレス写真「ページ3(スリー)ガール」が静かに幕を閉じた。70年11月に企画が始まってから約44年2カ月。ページ3ガールはさまざまな物議を醸してきた。

リンク先を見る
英紙サンからも女性のトップレス写真が消えた(筆者撮影)

サン紙の姉妹紙である大衆日曜紙ニューズ・オブ・ザ・ワールド(廃刊)の盗聴事件を機に新聞の慣行や倫理を検証した独立調査委員会(レヴソン委員会)で、サン紙の編集長は「ページ3ガールは無害な英国の制度で、もはや英国社会の一部だ」とまで言い放った。

もともとページ3ガールは、堅苦しくて保守的な英国の文化でも伝統でもなかった。オーストラリア出身のマードック氏が69年11月に買収したサン紙の発売部数を増やすため、ちょうど1年後に掲載したのが始まりだ。

最初は空いた紙面の埋め草企画で、片方の乳房がのぞく控えめな構図だった。サン紙はそれまで硬派の新聞として知られていた。しかし、マードック氏がセックスとスキャンダルを中心に紙面展開し、ページ3ガールも両方の胸を丸出しするなど大胆になってきた。

サン紙の販売部数はわずか1年で倍増し、250万部を超えた。しかし、ドル箱企画になったページ3ガールにも曲がり角が訪れる。いまやTVのリアリティー番組ではカップルが箱の中に入って性行為を行っている。

14年9月、ページ3ガールは4日連続で紙面から姿を隠し、マードック氏が「ページ3ガールは時代遅れだ。流行の服を着た方がもっと魅力的になるのでは? あなたの意見を聞かせてほしい」とツイートしていた。ページ3ガール目当てでサン紙を買う人は激減した。しかし、ページ3ガールはオンライン・ページで生き残っている。

プレイボーイ誌もサン紙も、全裸女性の写真廃止を求めてきた女性運動に屈したわけではない。珍しくなくなった全裸女性の写真では雑誌や新聞が売れず、採算に合わなくなっただけの話なのだ。

あわせて読みたい

「ヌード」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍首相 ヤジの原因は憲法改正?

    メディアゴン

  2. 2

    マスクより品薄? 消毒薬の注意点

    市川衛

  3. 3

    福原愛が「台湾の田中みな実」化

    NEWSポストセブン

  4. 4

    コロナ対応の優先度理解せぬ政府

    川北英隆

  5. 5

    社民と立民の合流話は立ち消えか

    早川忠孝

  6. 6

    肺炎対応の官僚 不眠不休は当然?

    Chikirin

  7. 7

    パラサイトと万引き家族は対照的

    紙屋高雪

  8. 8

    コロナで病院限界 厚労省が守れ

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    売れた名変える神田伯山の肝っ玉

    毒蝮三太夫

  10. 10

    コロナ検査 医師が不利益を指摘

    名取宏(なとろむ)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。