記事

生産性革命に取り組むという安倍総理

安倍総理が、「日本経済の生産性を抜本的に高める生産性革命に取り組む」と言っています。

 何かご感想は?

 まあ、「感想なんてないよ」という人が大半なのでしょうね。

 それに、政治家からそんなことを言われると、余計に腹が立つというか、白けてしまうのです。

 だって、一番生産性の低いようなことをやっているのは政治家たちではないかと思えるからです。

 例えば国会運営。国会で質問が予定されている議員が、翌日国会で質問する内容を前日の夜までに通告し、その質問に対する答えを役人が準備する。そして、総理を始めとする閣僚たちは、準備された資料を基に答える、と。

 確かに通告なしに専門的な質問をすると、閣僚たちが自分の知識で即答することができず議論が成り立たないことが多いというのも容易に想像されますが、だからといって、役人に無用な残業を強いてまでそのようなことを続けることにどれだけの意味があるのかと思ってしまうのです。

 百歩譲って、国会の質問に対する事前通告性を維持するとしても、例えば、前日の3時頃までに必ず通告をするような取り決めにしておけば、少々の残業はあっても、徹夜をするほどのことはないのです。

 おかしいでしょ?

 いずれにしても、安倍総理は生産性を上げることが必要不可欠だと考えているようなのですが…でも、主体はやはり民間部門である訳ですから、幾ら総理が熱くなっても意味はないのです。

 それに、何か名案が総理にはあるというのでしょうか?

 恐らくこれといった具体策は用意されてはいないでしょう。唯一の具体案と言えば、「未来投資に向けた官民対話」を設置することくらい。

 ということで、企業のトップがまたしても、総理のお相手を強いられるのです。

 では、そのような場で何かいいアイデアが生まれることが期待できるのでしょうか?

 そして、仮に個々の企業が生産性を上げるいいアイデアを有していたとして、そのような場で披露することがあり得るのでしょうか?

 答えは、あり得ない、と。何故かと言えば、それは経営の秘密事項に関することだから。

 だとしたら、企業から積極的なことを提案するというよりも、政治家が企業経営の実情についてヒアリングをしたり、自分たちの要望を伝えるだけの場になる可能性が強いでしょう。

 では、安倍総理はどのような要望を企業側に伝えるのでしょうか?

 安倍総理の言いたいことは、もう少し設備投資に積極的になれないのか、生産性を上げるためには設備投資が必要ではないか、ということでしょう。

 では、そのようなことを総理から言われて、企業のトップたちはどんな対応をするのでしょうか?

 多分、総論は賛成だが、各論となると、各社にはそれぞれ異なった事情があるから、と。

 もちろん、生産性を上げるということに何の異議もないのですが…でも、具体的にどうやって生産性を上げることが可能かと言えば、大変に難しいのです。

 それに、生産性の向上と言えば、どうしても既存の商品の生産をどうやって省力化するかということばかりに関心が及ぶ訳ですが、私は、そのような効率化よりも今までにない商品を生み出すような努力こそ必要であると思うのです。

 だって、需要の少ない商品を仮に今までの半分の時間で生産することができるようになっても、その浮いた時間で、さらに何か新しい仕事を始めなければGDPは伸びない一方で、新商品の開発に成功し、それが新たな需要を生み出すのであれば、確実にGDPの増加につながるからです。

 先日、話題を集めた「一億総活躍社会」にしたって、今回の「生産性革命」にしたって、下敷きとなる報告書の類が存在していることをご存知でしょうか?

 つまり、そういったキャッチフレーズは、総理のアイデアというよりも、役人や準役人たちが用意したというべきものなので…しかし、だからこそ国民に訴える力が弱いのです。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    内側から見た西野サロンの炎上

    森山たつを / もりぞお

  2. 2

    「支持できない」枝野代表に直撃

    たかまつなな

  3. 3

    裕福な高齢者層 TVは消費を煽れ

    毒蝮三太夫

  4. 4

    五輪中止で保険会社30億ドル損失

    ロイター

  5. 5

    銀座クラブ報道に蓮舫氏「迷惑」

    立憲民主党

  6. 6

    菅首相を推した田原氏が語る失望

    NEWSポストセブン

  7. 7

    そこまでやる? トヨタ式在宅勤務

    PRESIDENT Online

  8. 8

    通勤電車に触れぬマスコミの事情

    川北英隆

  9. 9

    マルチで家庭崩壊…勧誘法に愕然

    fujipon

  10. 10

    玉木代表「毎日自宅検査を提案」

    玉木雄一郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。