記事

【防衛最前線】特務艇「はしだて」 官民談合で飲み食いするのがそんなに嬉しいのかね?

特務艇「はしだて」 海上の迎賓〝艦〟と呼ばれる「おもてなし」とは
http://www.sankei.com/premium/news/151009/prm1510090002-n1.html
>海上自衛隊の特務艇「はしだて」の名前は、京都の景勝地「天橋立」に由来する。自衛隊と国民や諸外国をつなぐ役割を担ってほしいとの願いが込められている。
 その名の通り、国内外の要人を招いての式典や、海上自衛隊を訪問した諸外国の軍人との会議などに用いられる。災害支援に従事するケースもあるが、戦闘をするための装備は搭載されていない。そのため、はしだては“迎賓艇”“迎賓艦”とも称される。

 こんなもの必要はないでしょう。パーティやら迎賓やらは護衛艦や練習艦でやればよろしい。
 実際海外では水上戦闘艦や練習艦をそのような目的で使うことは多々あります。

 カネもないのに見えをはってこんなものを多額の固定費をかけて運用する意味はありません。そんなカネや人があるならば戦闘艦に回すべきでしょう。未だに現場では人で不足は深刻です。

 そんなに舟遊びしたいなら、松本零士氏デザインの遊覧船でも借りてくればよろしい。そのほうがお客も喜ぶでしょうし、コストも安くあがるでしょう。

 このフネは災害派遣にも役立つとかいっておりますが、ヤクザの言いがかりのようなものです。宿泊施設もない遊覧船が何の役に立ちますか。  
>9月初旬、そのはしだてでメディア関係者と防衛省幹部との懇談会が開かれた。防衛省による広報活動の一環で、毎年行われているという。
 メディア関係者=記者クラブですから。
 我々フリーランスはまず呼ばれないし、外国プレスでも呼ばれるのはせいぜいFPIJのトップぐらい。まあアリバイ工作みたいなものです。
 つまり他者を排除している一民間団体と政府機関の癒着、談合です。こういう人たちが記者会見でどういう質問をしているかは容易に想像がつくでしょう。
>船の内装はもちろんだが、それ以上に目を引いたのがバイキング用のテーブルに次々に運ばれてくる料理だった。オードブル、軽食、すし、和洋中のメーン料理、デザートまで豊富にそろい、見た目も美しい。定番の海軍カレーや天ぷらの屋台も出て、乗客を楽しませていた。

> 実は、メディア懇談会で提供された料理のメニューは、当日の朝に当初の予定からガラリと変わったという。はしだての調理員長にその理由を聞くと、「当日の気温が想定と違ったので、料理もそれに合わせて変えた」との答えが返ってきた。「食べる人に喜んでもらうためには、それくらいは当たり前。それがわれわれの任務ですから」とも。
 参加費用はタダか、タダみたいなものです。で、記者クラブと防衛省の幹部が仲良しこよしをやっているわけです。一民間任意団体が、他のジャーナリスト排除して、税金にたかって飲み食いして、癒着をしているわけです。記者クラブ以外のブンヤが入れない密室ですからね。
 別に官側と飲み食いするなとは申しませんが、他の同業者を排して、自分たちがお上とよろしくやっていると、癒着が生まれます。

 
 タダ飯食ってタダ酒飲んで、癒着することがそんなに楽しいかね?
 何か自分たちが特権階級でも勘違いしているじゃないでしょうかね?

 
 普通の常識があれば、恥ずかしくてこんな記事を自慢気に書けないでしょう。ねえ、石鍋圭記者。

 提灯記事を書くのもむべなるかな、です。

 美味しいものは自腹をきってこそ美味しいと思いますよ、あたしゃ。


 こっちは本日も空自広報室と鞘当てです。先日の空幕長会見での回答は書面でお願いしますと何度も申し上げているにもかかわらず、電話で口頭をですまそうとするので、「であれば回答はいりません。空自は回答拒否したと了解します」と申し上げて電話をきりました。

 役人の世界では紙になっていない情報は存在しません。実際に1年ほど前に空幕長会見で口頭で言われた回答はこうだったと申し上げると、担当者は私はしりません、でした。
 ですから回答は書面で要求しているわけです。

 我々フリーランスは常にこのような戦いをしているわけです。
>このプロ意識が、特務艇はしだての“おもてなし”を支えている。
どのような「プロ意識」が新聞を支えているんでしょうかね。新聞記者の考えるプロ意識と我々非記者クラブ会員のジャーナリストのプロ意識には大きな隔たりがあるように思えます。


 
朝日新聞のWEBRONZA+に以下の記事を寄稿しました。
陸自が導入した輸送防護車は使えない
机上の空論では済まない邦人救出の現場
http://webronza.asahi.com/politics/articles/2015100200004.html


東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。
陸自「攻撃ヘリ部隊」は、自滅の危機にある
オスプレイ大量調達の前に見直すべきこと
http://toyokeizai.net/articles/-/84832
エアバスは、なぜ日本政府に激怒しているのか
不透明すぎる日本の防衛調達の問題点
http://toyokeizai.net/articles/-/84639

東京防衛航空宇宙時評で軍事見本市、DSEIのレポートを掲載しています。
 http://www.tokyo-dar.com/

あわせて読みたい

「ジャーナリスト」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  2. 2

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  3. 3

    米の人工呼吸器 購入約束に呆れ

    青山まさゆき

  4. 4

    国難に際して非協力的な日本企業

    篠原孝

  5. 5

    アベノマスクが唯一果たした役割

    田嶋要

  6. 6

    処分軽い黒川氏 裏に記者クラブ

    田中龍作

  7. 7

    文春の名前出さぬ日テレに疑問

    水島宏明

  8. 8

    パチンコ店団体の執行部総辞職へ

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    なぜ世界の株価は高くなったのか

    ヒロ

  10. 10

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。