記事

イタリア国会議員の政党乗り換え「多発」、2年で2割超

[ローマ 8日 ロイター] - イタリアで国会議員による政党の乗り換えが目立っている。2013年の総選挙で当選した議員のうち、すでに2割超が所属政党を変更。政局の不安定さが浮き彫りとなっている。

上院議員315人のうち116人、下院議員630人のうち106人が所属先を変更。一度ならず2度以上乗り換えた議員もおり、この2年間で政党変更手続きは308件に上った。その結果、国会の勢力図はレンツィ政権に有利な方向にシフトしている。

ベルルスコーニ元首相に代わる強力なリーダーがいない中道右派「フォルツァ・イタリア」を離れる議員が最も多く、上院議員49人と下院議員35人が離党した。

政党への帰属意識が薄いという見方もある。「フォルツァ・イタリア」にずっと所属しているデボラ・ベルガミーニ議員は「政治が力をなくしている。ソーシャルメディア全盛の時代に(政治の)権威は失われた」と嘆いた。

モンティ元首相が率いた「市民の選択」など、13年の総選挙の直後に勢力を失った政党の議員による所属政党変更もみられた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  2. 2

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  3. 3

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  7. 7

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

  8. 8

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  10. 10

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。