記事

国を動かす方法

国会前で今もデモは行われているのだろうか?

テレビはノーベル賞の話や、内閣改造の話ばかりやってるが、安保法制廃止のデモのことは全然伝えない。

多分、もうなくなったのだろう。

そんなに切実な話ではなかったのだ。

どうせ飽きることは飽きる。

「むしろこれからだ」なんて負け惜しみを言ってみても、虚しいだけ。

原発も、TPPも、反対と言っても、抵抗しようがない。 

学生はしっかり勉強して、東大に行って、官僚になれば国を動かせる。

あるいは政治家になって、官僚以上に勉強して、官僚の思惑や習性を食い止めるという方法しかない。

そもそも勉強したくない者がデモをしているのであって、馬鹿だからデモしか出来ることがなくなるのだ。 

国民は選挙で政治家を選んで意思を示すという方法はあるが、国民が馬鹿で、候補者が馬鹿ならどうしようもない。

この世は一部の賢くて狡い者が動かすのは当然だが、彼らがいつの間にか操られている状況を作り出すのは可能だろう。

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏 恐怖煽る報道に苦言

    小林よしのり

  2. 2

    二郎を残す客にALS患者が怒り

    恩田聖敬

  3. 3

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

  4. 4

    セブンの斬新な飛沫防御策を称賛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  5. 5

    ジョンソン英首相の心に響く手紙

    青山まさゆき

  6. 6

    瞳から家バレ 襲われたアイドル

    阿曽山大噴火

  7. 7

    英首相の容態安定 肺炎診断なし

    ロイター

  8. 8

    家賃支払いが不安な人への支援策

    中川寛子

  9. 9

    医療崩壊防ぐには軽症者解放せよ

    小林よしのり

  10. 10

    配達物もコロナに汚染? 米で懸念

    島田範正

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。