記事

国を動かす方法

国会前で今もデモは行われているのだろうか?

テレビはノーベル賞の話や、内閣改造の話ばかりやってるが、安保法制廃止のデモのことは全然伝えない。

多分、もうなくなったのだろう。

そんなに切実な話ではなかったのだ。

どうせ飽きることは飽きる。

「むしろこれからだ」なんて負け惜しみを言ってみても、虚しいだけ。

原発も、TPPも、反対と言っても、抵抗しようがない。 

学生はしっかり勉強して、東大に行って、官僚になれば国を動かせる。

あるいは政治家になって、官僚以上に勉強して、官僚の思惑や習性を食い止めるという方法しかない。

そもそも勉強したくない者がデモをしているのであって、馬鹿だからデモしか出来ることがなくなるのだ。 

国民は選挙で政治家を選んで意思を示すという方法はあるが、国民が馬鹿で、候補者が馬鹿ならどうしようもない。

この世は一部の賢くて狡い者が動かすのは当然だが、彼らがいつの間にか操られている状況を作り出すのは可能だろう。

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    テラハ 作り上げたリアルの実態

    浮田哲

  3. 3

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  4. 4

    ブルーインパルスが都心飛行へ

    ABEMA TIMES

  5. 5

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  6. 6

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  7. 7

    景気回復の奇策「消費税15%に」

    永江一石

  8. 8

    コロナ抑えたハワイ 店舗も再開

    荒川れん子

  9. 9

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  10. 10

    宣言解除で再び出社させられる謎

    かさこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。