記事

トヨタ、FCVミライの「未来形」公開へ 東京ショーで

[東京 8日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は8日、10月下旬に開幕する東京モーターショーで、水素で走る燃料電池車(FCV)のコンセプトカー、「トヨタFCVプラス」を世界で初めて公開すると発表した。昨年12月に発売した世界初の量産型FCV「ミライ」のさらなる未来の姿を描いた。

走行時に水しか出さないFCVは「究極のエコカー」と呼ばれることが多いが、FCVプラスではエネルギーを作る「エネカー(エネルギーカー)」としての役割も担うことをアピールする。水素インフラ整備が進み、水素の地産地消が進んだ未来社会に登場するとされるFCVプラスは、電力を自宅でまかなうほか、他の車や地域の電力網に提供することができ、FCスタック(燃料電池)を発電装置としても利用する。

ミライではFCスタックや水素タンクを車両中央部の床下に置いているが、プラスではFCスタックをフロントタイヤ間に置き、水素タンクをリアタイヤ間に搭載したことなどにより、車両サイズの自由度が向上。全長はミライより約1メートル短い小型車並みにし、大型セダン並みの室内も実現させた。

担当した製品企画本部製品企画室の盛合威夫主幹は「いつ、どの技術を取り入れるかは状況が整い次第」とした上で、FCVプラスで使われている複数の新技術を「次の車に少しずつ入れていきたい」と述べた。

小型スポーツ車のコンセプトカー「トヨタS-FR」も世界初出展する。日常の運転で誰もが手軽に操れるエントリーカーと位置付け、運転をより楽しめる後輪駆動でサイズは小型車「ヴィッツ」並み。スポーツカーファンだけではなく幅広い顧客層に訴求し、スポーツカーへの敷居を下げる狙いがある。

市販化の予定については公表していないが、東京モーターショーで「スポーツカーファンや車ファンはもとより、コンパクトなエントリーカーに興味のある方々から多くの意見が聞けたら」(モータースポーツ本部の森和生主査)と話している。

(白木真紀)

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  3. 3

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  4. 4

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  5. 5

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  6. 6

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

  7. 7

    TV設置届出? 感覚がズレてるNHK

    NEWSポストセブン

  8. 8

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  10. 10

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。