記事

一億総活躍社会というお笑い

アベノミクスはセカンドステージに…。「新三本の矢」、「一億総活躍社会に…」というなんだか気味が悪い政策がまた出てきたようである。

そもそも、構造改革(規制改革)を行っていくという旧(?)第三の矢は全くと言っていいほどに実行されていないように思うのだがどうしたのだろうか…。金融緩和で景気が良くなる。賃金が上がるとういうのも全く持って嘘であることがここ数年ですっかり証明されたのだがそれに対する反省と検証もなしに新三本の矢とは…。政治というのはいつもお気楽でいいなあと一ビジネスマンとしては思う限りである。

それはそうと、今度は一億総活躍社会を目指すそうである。

まずは人口、出生率の向上が目標に入っている…。子供を作るか作らないかは各人の自由であるのになぜそのような目標が政府によって掲げられるのか。お隣の共産主義国家の一人っ子政策同様に君の悪さを感じるのは僕だけではないだろう。

「待機児童ゼロ」というお決まりの政策目標も掲げてあるが、いつも書くようにそのためのコストをどうやって捻出するのか。費用対効果で本当に経済成長にとってプラスになるのかという検証は行われているのだろうか?費用が安くなれば安くなるほど待機児童はいくらでも増えてくるわけではっきりいって待機児童をゼロにすることなどそもそも不可能だという当たり前の経済の理屈を理解しているのか…。アホらしい限りである(過去記事→保育所が足りないからどうにかしろ!?  )

とすこし細かい突込みを最初入れてしまったが…。「一億総活躍」ってなんだろうかと僕は疑問に思うのである。活躍というのは何なのか?女性よ働け、経済成長率を維持するためにと首相は考えているようなので、仕事をしろということなんだろうなあとまずは思ってしまう。だが、活躍とは仕事をすることだけではないだろう。専業主婦だって立派な仕事だし、活躍の定義は人それぞれである。

もっと言えば、活躍したくないと思っている人もたくさんいるはずだ。ささやかに幸せを大事に生きていきたいと思う人も多いだろうし、のんびりあくせくせずに気楽に生きていきたいと思っている人も多いだろう。生活が多少苦しくても経済が成長しなくても別にいいよ…と考えている人もたくさんいるはずだ。

なのに、「一億総活躍社会を目指す」とか言っている時点で「ああ、やはりこの人は社会主義的な発想しかできない人なんだなあ」と思わざるを得ないわけである。そして人間の幸せとは何なのか?為政者が一番考えなければいけないことを全く考えてないし理解もしてないといわざるを得ない。

あわせて読みたい

「一億総活躍」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    即位の礼 要人もどよめいた奇跡

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    NHK大河が低迷 N国の追及を警戒?

    渡邉裕二

  3. 3

    収入ギリギリの住宅を買うリスク

    長谷川高

  4. 4

    国会前の官僚残業 最悪な展開に

    室橋 祐貴

  5. 5

    竹中平蔵氏 借金1000兆円は煽り

    PRESIDENT Online

  6. 6

    日本が財政破綻へ? カギは少子化

    永江一石

  7. 7

    昭恵夫人にドレスコード違反の声

    女性自身

  8. 8

    よしのり氏「皇統の危機が心配」

    小林よしのり

  9. 9

    文氏低迷でGSOMIA維持派が台頭か

    高英起

  10. 10

    即位の礼で改めて考える天皇制

    ヒロ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。