記事

ムスリムによる反過激主義運動 - 岡崎研究所

トルコのイスラム学者で、いわゆるギュレン運動(イスラム教徒の教育と宗教間対話の促進を図る)の主導者であるフェトフッラー・ギュレンが、8月27日付の米ウォール・ストリート・ジャーナル紙で、イスラム教徒は、ISや他のイスラム過激派グループの全体主義的イデオロギーに対決しなければならない、と述べています。

 すなわち、テロリストたちは、イスラムの名の下で暴力や殺戮を行っており、イスラム教徒は、この癌が社会で転移しないよう全力を挙げなければならない。

 第1に、我々ムスリムは、暴力を非難し、被害者意識の犠牲になってはならない。テロリストがイスラムの名で重大な罪を犯していることは、コーラン、預言者ムハンマドの言行録から明らかである。

 第2に、イスラムは全体として理解することが重要であるが、一人の無垢の人間の命を奪うことは人類すべてに対する罪であるというコーランの教えは解釈の余地がない。

 第3に、ムスリムは尊厳、生命、自由という人権を広く推進すべきである。コーランは神が作った人間一人一人を尊重することは神を尊重することであるとしている。

 第4に、ムスリムは、共同体のすべての構成員に教育の機会を与えるべきである。政府は、民主的価値を育てるような学科を準備すべきである。

 第5に、ムスリムに宗教教育をほどこすことは、過激派に捻じ曲げられた考えを広める道具を与えないために重要である。

 最後に、ムスリムは女性に男性と同等の権利を与えるべきである。

 テロは多方面にわたる問題であり、政治、経済、社会、宗教の側面に取り組む解決策を考えるべきである。宗教だけの問題と考えると、若者、そして世界全体に害を及ぼす。国際社会はムスリムがテロの主たる犠牲者であることを認識すべきである。

 ムスリムは、歴史的に、文明の繁栄に少なからず貢献した。貢献は、イスラムが、互恵、自由、正義を大切にした時代に行われた。イスラムのけがされたイメージを回復するのは容易ではないが、ムスリムは、社会の平和と静かさの導き手になることができる、と述べています。

出 典:Fethullah Gulen ‘Muslims Must Combat the Extremist Cancer’(Wall Street Journal, August 27, 2015)
http://www.wsj.com/articles/muslims-must-combat-the-extremist-cancer-1440718377

* * *

 イスラム過激派、特にISの暴力、残虐行為を、国際社会は厳しく非難しています。しかし、一番有効なのは、暴力や残虐行為はコーランの教えに反するという、イスラム教徒自身の非難です。ギュレンはそれを主張しており、もっともなことです。

 イスラム過激派は、イスラムの名のもとに行動しており、特にISは指導者バグダディが自らをカリフ(預言者ムハンマドの後継者)と名乗り、カリフを頂点とするイスラム共同体の建設を宣言しており、それが多くのイスラム教徒の若者を引き寄せています。したがって、バグダディの考えと行動が、コーランの教えに背いていることを、イスラム教徒自らが指摘し、糾弾することは最も有効なはずです。

 しかし一つの問題は、そのようなメッセージをいかに強力に発信するかということです。イスラムの世界には、カトリックのローマ法王に相当する権威は存在しません。したがって、誰がどのように上記のようなメッセージを発信するのが正当で、権威あるのかが明らかでなく、メッセージの有効性がそれだけ減殺されてしまいます。

 ギュレンは、テロは宗教的側面だけの問題ではなく、ひろく政治、経済、社会のどの側面も含めた対策を考えるべきであると言っていますが、イスラム世界の実情は必ずしもそのような条件が整ってはいません。たとえば、イスラムスンニ派の指導国を自ら任じているサウジは、およそ西欧的な民主主義とは縁遠く、女性の権利は男性の権利とは相当異なります。ギュレンの主張は、ギュレンの本国トルコには当てはまるかもしれませんが、多くのアラブ諸国には当てはまらないでしょう。

 イスラム教徒のISなどとの対決は、やはりまずはISなどの暴力、残虐行為がコーランの教えに反し、反イスラムであることを強調し、ISのイデオロギーに真っ向から挑戦することに重点を置くべきでしょう。もっとも、それがどの程度有効かはまた別の問題です。

あわせて読みたい

「IS(イスラム国)」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    天皇陛下の政治利用疑惑。都議選前夜に、宮内庁長官の発言は軽率と言う他ない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月25日 08:16

  2. 2

    <TBS「週刊さんまとマツコ」>悩みなき萬斎娘・野村彩也子アナに悩み相談させるのは残念

    メディアゴン

    06月25日 09:00

  3. 3

    「天皇陛下が五輪に懸念」…異例の長官「拝察」発言に賛同相次ぐ

    女性自身

    06月25日 08:32

  4. 4

    反ワクチン派への否定に医師「長期的な副作用は不明であることを念頭に置くべき」

    中村ゆきつぐ

    06月25日 08:57

  5. 5

    安倍政権下でおかしくなった霞が関 自民党の良心は失われてしまったのか

    早川忠孝

    06月24日 08:39

  6. 6

    【Amazon Go】、レジなしコンビニが次々に臨時休業!4店減らし22店も6店が休業の訳?

    後藤文俊

    06月25日 08:42

  7. 7

    NYT「中国製ワクチンには効果が無い」と指摘 接種国で感染状況が悪化

    ABEMA TIMES

    06月24日 15:08

  8. 8

    金融資産1億円はもはや「富裕層」ではない

    内藤忍

    06月25日 11:24

  9. 9

    池袋暴走死傷事故・飯塚被告の“記憶違い”の写真  

    NEWSポストセブン

    06月24日 17:10

  10. 10

    NHK「たけしのその時カメラは回っていた」予定調和の気持ち悪さ

    メディアゴン

    06月25日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。