記事

マイナンバー詐欺初被害

詐欺師がとにかく素早いのはいつものことだが、マイナンバーという言葉だけで色々対応しなければという気持ちにさせられる雰囲気がまた詐欺師を付け入らせるポイントになっている。

マイナンバー詐欺で初被害

消費者庁によると、女性は公的な相談窓口を名乗る人物から、電話で偽のマイナンバーを伝えられた。その後、別の男性から「マイナンバーを貸してほしい」と連絡があり、教えた。

 その翌日、「マイナンバーを教えたことは犯罪に当たる」と現金支払いを要求され、女性は郵送と手渡しで支払ったという。

典型的な劇場型詐欺、あるいは役割分担を定めた振り込め詐欺の手口で、これにマイナンバーと言う言葉を応用しただけだが、騙される人が出てくるのはわかる。

そして個人が標的になっているのも問題だが、企業を標的にした恐喝などにも使えそうで困る。
なにしろマイナンバーは一方で個人から提出してもらう必要があるし、他方で安全管理義務が課され、漏えいには刑罰が用意されているのであるから、騙されて一部でも漏らしてしまえば大変危険な立場に追い込まれ、これを逃れようとして金銭ですませられるものならすませたいと思っても無理はない。

そういう時こそ、きちんとした弁護士に相談し、コストは覚悟しつつも正道から外れないようにすることが肝心だ。

なお、消費者庁「マイナンバー制度に便乗した不正な勧誘や個人情報の取得にご注意ください!」もご参照。
リンク先を見る

あわせて読みたい

「マイナンバー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  3. 3

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  5. 5

    大阪都構想 賛成派ほど理解不足?

    赤池 まさあき

  6. 6

    年内閉店も 飲食店の淘汰は本番

    内藤忍

  7. 7

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  8. 8

    学習指導要領を無視する朝鮮学校

    赤池 まさあき

  9. 9

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    お金の流通量 調整誤る日本政府

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。