記事

「リクルート事件」を境に投票率は低下!?若者たちが抱く、新党期待への正体

今国会での参議院での議論や、維新の党の内部分裂、そして日歯連迂回献金事件の報道を見ていて、その延長で「選挙制度改革」について考えています。

当たり前のことですが、選挙制度が変われば、当選する議員(政党)が変わり、政局にダイレクトに影響します。調べてみると、選挙制度改革は1994年に起こっていて、これはちょうど僕が小学校1年生のときです。そして、選挙制度改革の発端となった「リクルート事件」は1988年、これは僕が生まれた年でした。

当時は政治のことなんて全然分かりませんでしたが、テレビでやたらと「政治家の汚職事件」が流れていた記憶があります。

余談ですが、おそらく、同世代ですと、『「汚職事件」は「お食事券」だと思ってた』というのは、『「台風一過」が「台風一家」だと思っていた』につぐ、「幼少期あるある」ではないでしょうか。

投票率の低下はこのころから始まっている

それまでは70%を上下していた投票率も、「リクルート事件」の起こった1988年から下がり始め、60%を前後するようになっています。低下の原因はさまざまあると思いますが、繰り返される汚職事件を受けて、国民の政治家への信頼は低下し、政治への関心や参加も下がっていったことも一因だと思います。そこで、政治・権力の腐敗を防ぎ、国民からの信頼を取り戻そうと、1994年に選挙制度改革が行われました。

そこから15年かけて、2009年にやっと、民主党による政権交代が起こりました。

考えてみると、僕は幼少期から、

・ 自民党の権力腐敗
・ 自民党を抜け出し、新党ブーム!
・ 政治制度改革で新しい風を!
・ 制度改革成功か、自民に対抗できる野党第一党ができた!
・ ついに政権交代!

というニュース自然と耳にしていた世代でした。

幼少期には自民党の「お食事券」を耳にし、青年期には民主党の躍進、大学時代には日本政権史上初となる選挙による政権交代を目の当たりにしていました。

生まれた時が最も政治腐敗していたときで、その後はずっと新党の活躍を見てきた…

だからこそ、2009年以降の政権交代や新党ブームで裏切られる経験をしながらも、新党への期待感をどこかに抱いているのかもしれません。

画像を見る 増沢諒:食べる政治代表

1988年長野市出身。早稲田大学卒業後、ITベンチャーでの勤務を経て、現在、東工大大学院修士課程。研究テーマは「ネットと政治」。ネット選挙解禁を目指す活動「One Voice Campaign」をはじめとし、様々な啓蒙活動を展開。2014年マニフェスト大賞受賞。
Twitter:mojamoja_megane
WEBサイト:http://taberuseiji.com/

あわせて読みたい

「選挙制度」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  2. 2

    「レジ袋の有料化」と「レジ袋の減少化」が生んだ本末転倒な事態

    自由人

    09月22日 22:07

  3. 3

    河野氏は論戦巧者 他の候補者3人がほぼ無防備な年金問題に手を付けたのは上手い

    ヒロ

    09月23日 10:39

  4. 4

    NHK党・立花孝志氏 へずまりゅう擁立も「二度と信頼しない」と支持者が続々離脱

    女性自身

    09月23日 10:32

  5. 5

    専門家の感染者数予想はなぜ実数とかけ離れてしまうのか

    中村ゆきつぐ

    09月23日 10:26

  6. 6

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  7. 7

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  8. 8

    新型は納車2年待ちの「ランドクルーザー」 なぜ世界中で高い信頼を得られたのか

    NEWSポストセブン

    09月23日 13:25

  9. 9

    菅さんの水面下での仕事の成果が今になって出て来たようだ

    早川忠孝

    09月22日 15:52

  10. 10

    横浜市長就任後も疑惑について説明しない山中竹春氏 ウソと恫喝の追及は続く

    郷原信郎

    09月22日 10:56

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。