記事

ノーベル文学賞予想、村上春樹氏は2番人気=英賭け屋

【ストックホルム】ノーベル文学賞の選考を行うスウェーデン・アカデミーは、受賞者発表日を事前になかなか明かさないのが通例だ。ただ今年の受賞者は今月の木曜日に発表されるとみられている。それは15日かもしれないという。

 同アカデミーは、受賞者名を胸にしまったままだが、今年の候補者リストに関する若干の情報を漏らした。これを受けて文学界ではうわさが飛び交い、ブックメーカー(公認の賭け屋)の賭け率チャートを賑わせた。

 同アカデミーの事務局を5月に退職したピーター・エングルンド氏によれば、アカデミーは出版会社、文学界、大学から259の提案を受け取った。アカデミーのメンバーたちはまず、これまで一度も候補に上らなかった作家36人を含めて198人の氏名を受理。そして同リストを今夏には5人に絞ったという。

 英大手ブックメーカーのラドブロークスによれば、現時点で1番人気はベラルーシの女性作家スベトラーナ・アレクシエービッチ氏。調査ジャーナリストでもあり、著書には「戦争は女の顔をしていない」や「アフガン帰還兵の証言」などがある。インタビューに基づいたドキュメンタリー作品で称賛されておりソ連時代やソ連崩壊以降の戦争や生活を描いている。

 第2位は、賭け率チャートでは毎年候補に上がっている村上春樹氏だ。熱烈なファンとアンチの両方がいる村上氏はいわば、現代の文学的ロックスターのようなものだ。誹謗者は村上氏の書きぶりは決してノーベル賞レベルではないと言う。同氏自身は、長年にわたってノーベル賞の有力候補になっていることに「わりに迷惑だ」と述べている。ウェブサイト上では「正式な最終候補になっているわけじゃなくて、ただ民間のブックメーカーが賭け率を決めているだけ。競馬じゃあるまいし」とぼやいている。

 第3位はグギ・ワ・ジオンゴ氏。近年、賭け率チャート1位だったこともあるケニアの作家だ。1970年代以降、母語のギクユ語で執筆している。1964年に小説「泣くな、わが子よ」によって英語圏で名をなした。

 そして第4位は存命中の最も偉大な米国作家として称賛されているフィリップ・ロス氏。第5位は同じく米国のジョイス・キャロル・オーツ氏となっている。

By JENS HANSEGARD

【関連記事】

あわせて読みたい

「村上春樹」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    マリエの「枕営業」告発が、テレビや新聞で完全スルーされる本当の理由

    PRESIDENT Online

    04月20日 12:19

  2. 2

    【読書感想】ニッポン 未完の民主主義-世界が驚く、日本の知られざる無意識と弱点

    fujipon

    04月20日 10:40

  3. 3

    「アルコール提供自粛要請」「土日祝日の飲食店休業要請」大阪府が緊急事態宣言で検討

    BLOGOS しらべる部

    04月20日 19:38

  4. 4

    日米首脳会談 菅首相訪米の重要性を理解できない野党の残念さ

    城内実

    04月20日 09:09

  5. 5

    どうしても飲みたい人々 路上だけでなく電車、喫煙所、オフィスにも増殖

    NEWSポストセブン

    04月20日 16:23

  6. 6

    若くしてスマートな今年の新入社員を絶望させる"化石燃料タイプ"のNG行動

    PRESIDENT Online

    04月20日 16:59

  7. 7

    "都会より田舎の方が便利"に感じたこと「車で移動できる。駐車場代がかからない」

    キャリコネニュース

    04月20日 09:18

  8. 8

    TBS『週刊さんまとマツコ』視聴率が取りにくい枠での成功目指す「逆張り」に期待

    メディアゴン

    04月20日 08:36

  9. 9

    ワクチン問題 最低足りないことは無くなった 今やらなければいけないこと

    中村ゆきつぐ

    04月20日 08:50

  10. 10

    日米共同声明 触れられたのは「台湾」ではなく「台湾海峡」

    緒方 林太郎

    04月20日 14:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。