記事

パーティの会費と祝儀の税務上の扱い

お客様の会社でも創立○周年といった節目の年には、これまでお世話になった方を招いて記念パーティを企画されることがあります。

そのパーティを、会費制にされる場合とそうでないときがありますが、会費制にするかどうかでパーティ経費の税務上の取り扱いが変わってきます。

パーティを会費制にした場合は、パーティにかかった費用から会費収入を差し引いた部分が交際費となります。

しかし、会費制ではなく、ご祝儀として受け取ったときは、受け取ったご祝儀は全額雑収入などの収益に計上し、パーティ費用は全額が交際費となります。

つまり、パーティ費用からご祝儀を差し引くことはできないということです。

税金面からいえば、会費制の方がお得といえますね。

会費制であることを証明するために、案内状などに会費制であることや金額を明記しておく必要があります。

参加者名簿も作成して保管しておくようにしてください。

ただし、個別の事情によって判断が変わってきますので、実施にあたっては顧問税理士にご相談ください。

トピックス

ランキング

  1. 1

    あおり殴打 投稿なければ野放し?

    かさこ

  2. 2

    性の悩みを真剣に語る場ない男性

    駒崎弘樹

  3. 3

    あおり殴打 女はクレーマー体質

    文春オンライン

  4. 4

    よしのり氏 Nスペで衝撃的な内容

    小林よしのり

  5. 5

    還暦AV女優が明かすやりがいとは

    PRESIDENT Online

  6. 6

    韓国は歴史観とズレる事実を排除

    舛添要一

  7. 7

    「ネトウヨ」批判に逃げる知識人

    篠田 英朗

  8. 8

    韓国で人気「反日は迷信」謳う本

    NEWSポストセブン

  9. 9

    韓国は自滅の道を歩む 北が予言

    高英起

  10. 10

    煽り殴打容疑者「車と女」に執着

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。