記事

労働保険の年度更新の注意点

そろそろお客様から労働保険料の申告書の封筒が届きましたという連絡を頂くようになりました。

労働保険は、22年4月1日から23年の3月31日までの給与や賞与を基準に決まります。

この計算を労働保険の年度更新といい、申告書の提出期限は6月1日から7月10日(今年は7月11日)となっています。

注意が必要な点としては、末締め翌月払いの給与の取り扱いです。
労働保険では、例えば3月末締め4月15日払いの給与は「3月分」となります。

つまり、支給日ではなく締め日で考えるということですね。

労働保険の年度更新では、「労災保険」と「雇用保険」を同時に計算しますので、労災保険にはパートやアルバイトを含めた賃金を記載し、雇用保険は、対象者だけをピックアップして計算するようにしてください。

4月1日時点で64才の従業員は原則として雇用保険料が免除されますので、別に集計するようにしましょう。

厚生労働省のHPにも、エクセル形式で賃金集計や労働保険料の申告書が作成できる「年度更新申告書支援ツール」が公開されています。

厚生労働省 労働保険様式

労働保険料の計算が出来たら、納付書に書き写しますが、金額の訂正が出来ません。

書き損じた場合は、お近くの労働局か労働基準監督署で新しい納付書をもらってください。

トピックス

ランキング

  1. 1

    サブウェイの対面注文が「怖い」

    幻冬舎plus

  2. 2

    クルーズ船で横浜の飲食店が悲鳴

    田中龍作

  3. 3

    独善的な告発医師の下船やむなし

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    告発の岩田医師は「大人の対応」

    早川忠孝

  5. 5

    かつて「エリート」だった銀行員

    内藤忍

  6. 6

    安全無視? 日本の危機管理に呆れ

    ESQ

  7. 7

    ロンドンでの五輪代替開催は失礼

    鈴木しんじ

  8. 8

    韓国人観光客が消えた対馬の窮状

    NEWSポストセブン

  9. 9

    「神」の不倫に困惑した少年時代

    いいんちょ

  10. 10

    ミスキャン覇者「AV転身」の衝撃

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。