記事

注文書と収入印紙

注文書や申込書に収入印紙は必要でしょうかという質問を頂くことがよくあります。

注文書や申込書が文字通り、一方からの申込みの事実を証明するための書類であれば収入印紙は不要です。

なぜなら、相手方からの承諾がなければ契約は成立しないからです。

しかし、注文書をもって自動的に契約が成立する場合も多く見られます。

この場合には、注文書や申込書であっても契約書に該当することとなり収入印紙が必要です。

実務的には、多くの申込書や注文書が契約書に該当する形式になっていますので名称だけで判断することはできませんね。

また、見積書などに基づく注文であることが記載されている注文書も契約書とみなされますし、注文書に双方の署名押印があるものも契約書の扱いとなります。

但し、注文書とは別に注文請書などが発行されるときは、注文書には収入印紙を貼らず注文請書に収入印紙を貼るようにしてください。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GSOMIA破棄は支持率回復が目的か

    舛添要一

  2. 2

    GSOMIA破棄巡る米国の反応に注目

    早川忠孝

  3. 3

    GSOMIA破棄 日韓対立は韓国に非

    和田政宗

  4. 4

    GSOMIA破棄は韓国の危険な火遊び

    AbemaTIMES

  5. 5

    韓国GSOMIA破棄 優遇除外が理由

    ロイター

  6. 6

    タニタの正規雇用中止は称賛に値

    城繁幸

  7. 7

    報ステの立場を奪った羽鳥番組

    水島宏明

  8. 8

    横浜市カジノ誘致でドンと対決か

    渡邉裕二

  9. 9

    不発多い韓国の不買 今回は成果

    WEDGE Infinity

  10. 10

    コミュ力ない人 1コマ漫画が話題

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。