記事

「国から8億円返還命令を受ける」 活動レポート2015年10月号

画像を見る

総務省から9月25日付で8億円を超えるみんなの党政党交付金に対する返還命令を受けました。
正確には、825,999,942円です。この返還命令は突然来た訳ではなく、予定をしていたので、慌てることはありませんでしたが、私の名前でこれだけ大きな金額の支払いをするのは初めてですから、さすがに、その命令書を見た時には感慨を覚えました。


みんなの党は税金の無駄使いをなくすと訴えていました

昨年末にみんなの党を解党した際には、党には16億円の現金がありました。
当時国会議員は20名おりましたので、一人当たり8千万円を山分けできると考えていた議員もいたことは事実です。
しかし、このお金の原資の大部分は政党交付金です。つまり、税金から支払われたお金です。そして、みんなの党はもともと税金の無駄使いを無くすと訴えていた政党でした。
本来帰属すべきでない所に税金を使うよりは、国庫に返納することが党の最後を飾るのに相応しいと考えました。
そこで、私は解党の方向性を発表すると同時にできるだけ国庫に返納すると世間に訴えて、山分け論を封じ込めました。


支出できなかった政党交付金は国庫に返還することになっています

法律上、その年中に支出されなかった政党交付金は国庫に返還することになっています。
そのため、まずは、必要な支出を定めて、残りはできるだけ党に残すことにしました。そうすればやがて、その残ったお金に対して返還命令が出るからです。
しかし、党の解党を決めてから実際の解党の起算日まで一週間位しかありませんでした。


債務清算のための経費も必要でした

一方で、解党自体の事務作業がかなりあり、また、認識していない債務がある可能性も指摘されました。
そこで、3億5千万円をみんなの党清算目的合同会社に移して、清算の事務を党の解党以降に行うことに致しました。
この清算事務も終了し、最終的に精算目的合同会社に残った1億円ほどは別途国に返納することになります。
ただし、このお金には法律上返還命令が出ないため、寄付という形式をとることになります。


総額で14億円強を国庫に返還することになります

みんなの党の解党は2014年11月末でしたが、12月には5億円強の政党交付金が支給される予定でしたので、これも含めると総額で14億円強を国庫に返納したことになります。
政治活動を行う上でもちろんお金は大切です。しかし、より大切なことは訴えてきたことを少しでも実現することだと考え、こうした対応に致しました。

衆議院議員 浅尾慶一郎

あわせて読みたい

「政党交付金」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  2. 2

    電通らが甘い汁を吸う給付金事業

    青山まさゆき

  3. 3

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  4. 4

    宗男氏 共産党議員に厳しく対処

    鈴木宗男

  5. 5

    「北九州第2波」の表現は大げさ

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    元自民議員 安倍政権長く続かず

    早川忠孝

  7. 7

    報ステ視聴率危機? テレ朝に暗雲

    女性自身

  8. 8

    木下優樹菜が復帰できない事情

    文春オンライン

  9. 9

    検察庁前で開催「黒川杯」に密着

    SmartFLASH

  10. 10

    元慰安婦団体なぜ内部分裂したか

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。