記事

イラン部隊、地上戦に向けシリア入り アサド政権支援=関係筋

[ベイルート/モスクワ 1日 ロイター] - レバノンの関係筋は1日、イランの軍部隊がアサド政権を支援するため、シリア入りしたと明らかにした。大規模な地上戦に参加するのが目的とみられる。

2人の関係筋によると、過去10日の間に数百人規模のイラン部隊が地上戦に向けてシリアに入国したという。戦闘にはレバノンのシーア派組織「ヒズボラ」やイラクの同派民兵も参加するほか、ロシアも空爆で支援する方針だという。

イランによるアサド政権への軍事支援はこれまで、主に軍事顧問の派遣という形で行われてきた。

一方、ロシアは同日、シリアで2日目となる空爆を実施。反体制派によると、米中央情報局(CIA)が訓練を行う同派のキャンプを爆撃したという。これに対し、ロシアは空爆の標的が過激派組織「イスラム国」の拠点だと主張している。

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  3. 3

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  5. 5

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    大阪都構想 賛成派ほど理解不足?

    赤池 まさあき

  7. 7

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  8. 8

    年内閉店も 飲食店の淘汰は本番

    内藤忍

  9. 9

    岡村の結婚に幻想を抱く中年男性

    PRESIDENT Online

  10. 10

    学習指導要領を無視する朝鮮学校

    赤池 まさあき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。