記事

副首都構想!

昨日、橋下徹大阪市長らが記者会見をし、国政政党「おおさか維新の会」設立を表明、綱領に「大阪を副首都」と盛り込むことを発表しました。

副首都!、この言葉は、2004年に石井一と私が共著で出版した「日本再生 副首都プロジェクト 国家危機管理国際都市創設の提言」から使われ始めた言葉です。この構想が、今ここでこうした形で取り上げられるのはある意味で光栄ですが、今日まで相当の労力を費やしてきた立場としては、これが単なる選挙の争点に留まるのではなく、本当に実現するための前向きなエネルギーになってもらえたらと思うものです。

オリジナルの副首都構想は、通称NEMIC(ネーミック)構想と呼び、一言でいえば、伊丹空港を廃港してその跡地に副首都を創設する、というものです。これは国家百年の計とも言える超大型プロジェクトですから、基本的には不偏不党、超党派の議員連盟を立ち上げて、数十回の勉強会や、立法作業も進めて参りました。2011年7月には、危機管理都市推進議員連盟が、「首都代替機能の整備の推進に関する法律案」をまとめるなど、活発に活動してきました。また、本構想を実現するために、一般財団法人も立ち上げて、政界に留まらない幅広な活動も行ってきました。

その中で、当時大阪府知事であった橋下徹氏にも賛同いただき、東京都知事であった石原慎太郎氏も、「遷都は反対だが副首都によるバックアップは必要と思う」とサポートの意思を示してもらいました。特に2011年の東日本大震災の経験は、私たちの危機意識を相当高めたのは事実です。原子力災害が最悪の事態に陥ってしまえば、首都機能はマヒしてしまいます。福島第一原発四号炉の使用済み核燃料が溶融すれば東日本がマヒするとした、近藤駿介原子力委員長(当時)のレポートが、ただの悪夢としてではなく現実に起こり得るものとして対策せねばならない、そんな思いで活動してきました。

ただ、伊丹空港の廃港に関しては、賛否両論あるものです。そして時間がかかるものです。よって、すぐにできる活動として、大阪城の横にある、中央省庁の合同庁舎の一角を官邸機能を代替しうるものへとバージョンアップさせることもして参りました。また、東日本大震災の教訓(仙台空港が津波被害を受けるなど)から、内陸空港の重要性を説く声もあります。これに対しては、伊丹の二本の滑走路を一本にまとめ、ターミナルビルを移動させて近隣の農地などを確保すれば、100ヘクタールほどの土地は確保できるため、そこに副首都を建設してはとの考えもあります。

それと、この副首都プロジェクトがなぜ関西、大阪であるのか、その客観的説得力は極めて重要です。首都機能移転では、あっちもこっちも手を挙げて、結局収拾がつきませんでした。関西は、言うまでもなく日本第二の圏域であり、その集積は今後も変わらず、日本の核でしょう。そうした点を踏まえ、関西・大阪が副首都にふさわしいと、北海道から九州までの日本人に理解してもらえるようでないと、このプロジェクトは成功しません。今日まで、その努力を積み重ねてきた自負が、我々にはあります。

おおさか維新の会によって、「副首都構想」を大きく取り上げることは大歓迎です。このプロジェクトは、選挙における「是か非か」の選択を迫るのではなく、オールジャパンで推進していく、そうした方向性で議論が進めていかねばなりません。

http://www.amazon.co.jp/日本再生-副首都プロジェクト―国家危機管理国際都市創設への提言-石井-一/dp/442676100X

あわせて読みたい

「おおさか維新の会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    竹中平蔵氏は教え子が引退勧めよ

    田中俊英

  2. 2

    PUFFY亜美を選んだTERUの離婚劇

    文春オンライン

  3. 3

    マスク勧めない国 感染増の現在

    文春オンライン

  4. 4

    セルフレジが「改悪」になるお店

    内藤忍

  5. 5

    歴史に残る読売の安倍氏スクープ

    文春オンライン

  6. 6

    宗男氏 礼儀ない野党議員を非難

    鈴木宗男

  7. 7

    今井絵理子議員の手話質問を称賛

    山下雄平

  8. 8

    上野千鶴子氏がフェミになった訳

    PRESIDENT Online

  9. 9

    防衛省の給与引き下げに「反対」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    眞子さま結婚に浮かぶ若者の苦悩

    木村正人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。