記事

北朝鮮軍が不気味な沈黙…金正恩氏「雪辱」準備か

画像を見る

海軍を視察する金正恩第1書記(資料写真)

朝鮮人民軍の動向が、見えにくくなっている。北朝鮮メディアから、軍事演習や新兵器実験の報道が消えたからだ。

金正恩氏は毎月のように、軍事演習や新兵器の実験を現地指導してきた。しかし、7月30日に「空軍戦闘飛行技術大会」を指導したと報じられたのを最後に丸2カ月間、軍の現場に赴いたとの報道がなされなくなっているのだ。

理由は、ふたつ考えられる。

ひとつは、8月に韓国との間で本物の戦争の危機が高まり、それどころではなかったということだ。

北朝鮮が非武装地帯に仕掛けた地雷爆発事件に端を発した今回の危機で、北朝鮮は潜水艦や特殊部隊を前進配備し、実際の戦争勃発時にどのような行動を取るのか、その一端をうかがわせた。

もっとも、このときは韓国の方がより強硬な姿勢で臨んでおり、自軍の兵士の身体が地雷で吹き飛ばされる映像を公開。

国内に「やるなら、やってやろうじゃないか」という空気を醸成した。

その結果、金正恩氏は朴槿恵大統領との「チキンレース」に敗れて実質的に謝罪。後になって、「あれは、謝ったわけではない」と強弁する始末の悪さを見せた。

いずれにせよ、こんな状況では軍事演習を記者同伴で視察し、「余裕」を見せつけるどころではなかったろう。

そしてもうひとつ考えられるのが、10月10日の朝鮮労働党創建70周年記念日を迎えることに、全力を傾けているということだ。

当日、北朝鮮は大規模な軍事パレードを行う予定であり、それだけでも軍には大きな負担がかかる。

さらに、北朝鮮は近く長距離弾道ミサイルの発射を行うと示唆している。本当に発射を強行すれば、日米韓からの圧力が強まるのは必至だ。それに対し、8月の危機で大恥をかかされたばかりの金正恩氏は、「雪辱」のためにも相当な強硬姿勢で「逆恫喝」に出るかもしれない。

つまり、朝鮮人民軍は演習どころではなく、実戦を想定した待機状態に入っている可能性があるということだ。

無論、周辺各国もそのことはわかっているが、ギリギリの判断は軍部内や世論の空気にも左右される。8月に危機を経験したばかりの韓国では、軍部が世論の「弱腰批判」をかわす目的もあってか、極秘にすべき「金正恩斬首」の作戦に言及し始めているほどだ。

そんな空気の中で事態が暴走気味に推移し、武力衝突に発展するようなことのなきよう願いたい。

※Yahoo!個人からの転載

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  2. 2

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  3. 3

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  4. 4

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  5. 5

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  6. 6

    日産の小さな高級車「ノート オーラ」に中高年の支持が集まる理由

    NEWSポストセブン

    08月02日 10:43

  7. 7

    五輪もパラリンピックも中止にするべきではない。強いメッセージは経済対策・法改正で出すのが筋

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月02日 08:25

  8. 8

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

  9. 9

    行政から「入院できません」札幌市の医療崩壊受け医療従事者ら新宿でデモ

    田中龍作

    08月02日 09:00

  10. 10

    ワクチンの効果が着実に出ている中での一律の行動自粛要請は不適切

    岩屋毅

    08月02日 11:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。