記事

相続税増税はいつから?

平成23年度税制改正案で、相続税の基礎控除額が引き下げられ相続税が増税となるとことは、報道などで皆さんよくご存知です。

税制改正案では、次のように基礎控除額が引き下げられます。

[現行]
5000万円+(1000万円×法定相続人の数)

[改正案]
3000万円+(600万円×法定相続人の数)

配偶者と子ども1人の場合、現行では7000万円までは相続税はかからず申告も不要でしたが、改正案では、遺産が4200万円を超えると相続税の申告が必要になってきます。

現在は、震災により税制改正法案はストップし、期限切れになるものについてつなぎ法案が成立しています。

この改正案では、相続税の増税が23年4月1日以降の相続とあります。

最近、ご相談が増えているのは、法律が改正されたとき、4月1日に遡って適用されるかどうかということです。

実際に、相続が発生している方で、丁度、改正により申告が必要がどうかの範囲に入る方もいらっしゃるので切実な問題です。

法律が定めたきまりに従って課税されるという租税法律主義から言えば、後日、定めた法律によって課税をすることは許されないと思います。

しかし、過去には平成16年の譲渡損失の損益通算の規制に関する法律が、3月末に成立したにもかかわらず、その年の1月1日に遡って適用されたこともありました。

相続税の増税に関しては、影響も大きく遡っての適用はないはずと思いますが、お問い合わせを頂いたお客様や司法書士さんには、さすがに断定的なことはいえませんでした。

震災復興の増税と23年税制改正の行方が気になります。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  2. 2

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  3. 3

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

  4. 4

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  5. 5

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  6. 6

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  7. 7

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  8. 8

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

  9. 9

    中間層や無党派層の動きが読めない横浜市長選 日本の政治状況が急展開か

    早川忠孝

    07月24日 18:23

  10. 10

    五輪開催を巡り立民と国民民主の立場に差異 国民の共感を得られぬ立民の主張

    早川忠孝

    07月24日 18:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。