記事

相続で事業を引き継いだときの青色申告

亡くなった方(被相続人)が個人事業を営んでいた場合に、相続人が事業を引き継ぐときの青色申告の提出期限は少し複雑になります。
被相続人が青色申告を行っていたとしても自動的に引き継げるではありません。

次の4つのパターンに区分されます。

1.事業を引き継ぐ相続人がすでに青色申告を行っている場合
相続人が別に個人事業などを営み、すでに青色申告の承認を受けていれば
被相続人の事業を引き継いでも改めて青色申告の届出は必要ありません。

2.事業を引き継ぐ相続人が白色申告で個人事業を行っている場合
被相続人の個人事業が青色申告か白色申告かに関わらず次のようになります。
死亡の日が1月1日〜3月15日・・・その年の3月15日まで
死亡の日が3月16日〜12月31日・・・その年は青色申告の適用はなし 

3.被相続人が青色申告を行っていて、相続人が新規開業の場合
相続の開始があったことを知った日(死亡の日)の時期に応じて提出期限が異なります。
死亡の日が1月1日〜8月31日・・・死亡の日から4ヶ月以内
死亡の日が9月1日〜10月31日・・・その年の12月31日まで
死亡の日が11月1日〜12月1日・・・その年の翌年の2月15日まで

4.被相続人が白色申告を行っていて、相続人が新規開業の場合
死亡の日が1月1日〜1月15日・・・その年の3月15日
死亡の日が1月16日〜12月31日・・・事業を承継した日から2ヶ月以内

国税庁のホームページの青色申告の申請手続きでは、被相続人が白色申告の場合には、「死亡の日」から2ヶ月ではなくて「事業を承継した日」から2ヶ月という表現を使っていますね。

トピックス

ランキング

  1. 1

    NHK受信料「義務化」は時代錯誤

    大関暁夫

  2. 2

    伊藤容疑者 事務所破産の可能性

    SmartFLASH

  3. 3

    感染防ぐ日本人 生活習慣にカギ

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    欧州の教訓 PCR検査は対策ならず

    PRESIDENT Online

  5. 5

    大阪都構想 賛成派ほど理解不足?

    赤池 まさあき

  6. 6

    任命拒否めぐる菅首相の迷走ぶり

    大串博志

  7. 7

    年内閉店も 飲食店の淘汰は本番

    内藤忍

  8. 8

    国民生活の改善でトランプ氏優勢

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    日本の農業衰退で食糧問題を危惧

    川北英隆

  10. 10

    「007」初代ボンドの俳優が死去

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。