記事

世界の毒ヘビ被害「大幅に過小評価」、専門家会議が警鐘

[ロンドン 30日 ロイター] - 毒ヘビにかまれたことによる疾病や障害などの被害は、国際機関の推定をはるかに上回り、解毒剤の在庫が危険水準にまで落ち込んでいる──。生物の毒に関する国際専門家会議が30日まで英国で行われ、専門家らが共同声明を出して警告した。

それによると、毒ヘビにかまれて死亡した人の数は、いわゆる「顧みられない熱帯病(NTD)」をすべて合わせたより多いにもかかわらず、世界保健機関(WHO)や各国政府の注目度は低く、対策費用も用意されていない。

専門家らは、インドどバングラデシュでの最新調査結果を引用し、インドでは毎年4万6000人が、バングラデシュでは6000人が毒ヘビにかまれて死亡していると指摘した。インドに関するWHOの推定は1万人。

会議を主催した国際毒素学会の責任者は「毒ヘビにかまれたことによる被害はほぼ完全に無視されており、大幅に過小評価されている」と指摘。「WHOと各国政府は、この問題を正当に評価し、資金、訓練、注目を必要とする極めて現実的な公衆の保健・医療面の関心事と位置付けるべき」と述べた。

コブラなどの毒ヘビにかまれる被害は主に、身近に医療施設の乏しいサハラ以南のアフリカや南アジア、東南アジアで見られる。

また専門家らは、解毒剤の在庫が「危険水準」まで減少していると指摘。最も必要とされる地域で、質、量ともに現実的な危機が発生していると警告した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    安倍・麻生の色が濃い「岸田内閣」は衆院選でどう評価されるか

    田原総一朗

    10月21日 10:00

  2. 2

    Kindle読み放題に続々参入する出版社 サブスクのビジネスチャンス気づき変わるか

    かさこ

    10月21日 10:39

  3. 3

    原発処理水めぐり枝野代表が「一旦ストップ」を主張 現実的な対案もなく無責任

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    10月21日 09:45

  4. 4

    トヨタの苦渋のEV戦略 2030年以降のビジョンは国内向けと海外向けを使い分け

    ヒロ

    10月21日 10:40

  5. 5

    いまだ人口増を目的にする地方 それが本質ではないと気づけていないのはヤバい

    Qualities

    10月20日 11:49

  6. 6

    最終回目前『おかえりモネ』ヒロインは今までの朝ドラとどこが違ったのか?

    NEWSポストセブン

    10月21日 09:25

  7. 7

    岸田が落胆「自民党調査」が示した「マイナス50議席」危機

    新潮社フォーサイト

    10月21日 10:56

  8. 8

    甘利幹事長、発言すればするほど大炎上…ついに「テレビに出さん方がいい」との声も

    SmartFLASH

    10月20日 13:12

  9. 9

    「プライマリーバランス」を黒字化する方法は1つだけ

    自由人

    10月20日 10:12

  10. 10

    如何にも大きな成果を挙げそうに見える野党候補者の一本化

    早川忠孝

    10月20日 16:46

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。