記事

クリエイターとして当たり前の作業もやらず「一流」を名乗るデザイナー業界の常識に驚愕

江川達也[漫画家]

***

普通、何か作品を作る時は、取材をするのが常識だ。いろんな処に行って写真や動画を撮って来るのは最低のことであって、一番大事なのは、何を感じるかだ。

体験取材が取材の核となる。

取材がいらない場合が一つだけある。それは、すでに取材が完了している場合だ。

自分の人生の体験談は取材が完了しているのであえて取材する必要がない。取材せずに自分の妄想だけで描けるヒトもいるだろう。私も妄想だけで相当なものを描けたりもする。

普通の人は妄想だけでヒトと違ったものを描くことは難しい。自分の妄想だと思っているものは、実は誰かのパクリだったりする。自分が見て来たもののトレースだったりする。

それはそれで、体験ではあるが、斬新なものは中々出来ない。見て来たものから斬新なものを作るとしたら、その見て来たものを分析し定理(パターン)のようなものを導き出し、今までにない変数(パラメータ)を当てはめるか、その定理(パターン)を変形させてみるかをすれば、可能ではある。

それも高度な技なので、やはり体験取材が普通の人にはおススメだ。

  • エロ漫画を描く為にはやはり、エロ体験をすべきだろう。
  • 恋愛漫画を描く為にはやはり、恋愛体験をすべきだろう。
  • 教師漫画を描く為にはやはり、教師体験をすべきだろう。

しかし、殺人漫画を描く為に、ヒトを殺してはいけない。実体験から出たものじゃない場合は誰かのパクリになってしまうが、シミュレーションの技術を磨くことで肉薄が可能だ。

プロファイリングの技術を磨くことでかなりのものが描ける。何かクリエイティブな作業をするには、いろんな面倒くさい膨大なことをこなすのが、仕事の常識だろう。

誰かの撮った画像を検索しコピペしてそのまま使うというものを仕事の大半にしている佐野研二郎さんの仕事ぶりには驚きを禁じ得ない。

クリエイターとして当たり前の作業の100分の1もやってない一流と名乗っているデザイナー業界の常識に驚愕したのも過去の想い出となりつつある。

幾何数学的にも陳腐なデザイナー業界に驚きもした。

(本記事は、著者のFacebookエントリを元にした編集・転載記事です)

あわせて読みたい

「佐野研二郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  3. 3

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  5. 5

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  6. 6

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  7. 7

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  8. 8

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  9. 9

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  10. 10

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。