記事

違憲の安保法案を参議院でも強行採決、成立へ - 柴田鉄治

1/2
憲法違反の安保法案を衆議院で強行採決し、ますます高まっていた国民の反対の声から逃げるかのように、政府・与党は参議院でも強行採決して成立させた。しかし、国会の外で、徹夜で頑張っていたデモ隊が叫んでいたように、これで終わりではなく、始まりなのだ。国民の反撃、司法のチェック、メディアの闘いは、すべてこれからが正念場である。

落ち目の権力者は外に敵をつくって愛国心を煽る

 「落ち目の権力者は外に敵をつくってナショナリズムを煽る」という世界に共通する言葉がある。安倍首相は落ち目ではなかったはずなのに、安保法案の強行で支持率が急落し、落ち目になったと思ったのか、安保法案の審議が参議院に移ってから、しきりと中国の脅威を名指しで強調するようになった。

 また中国の習近平主席のほうも、国民の批判が高まってきたため、抗日戦争勝利記念と称して派手な軍事パレードを企画して、ナショナリズムを煽っているのだ。日中の「落ち目の権力者」同士が相携えて外に敵をつくり、人気の回復を図っているというマンガのような図式である。

 しかし、ちょっと考えてみれば分かるように、日本にとって中国は最大の貿易国である。その中国と戦争するなんてありえないし、緊密な米中関係からいっても米国が許すはずもない。そもそも中国を「仮想敵国」と名指しするだけでも、日本の政治家としては失格だろう。

 参議院での審議の大詰めは、9月15日から18日の深夜まで続いた。まず、15日に中央公聴会、16日に地方公聴会を横浜で開き、17日に参院特別委員会で強行採決、18日参院本会議で相次ぐ問責決議案などを否決したうえ、深夜に安保法案を可決した、というのが大筋の経緯である。それをメディアはどう報じたか。

中央公聴会、NHKは中継せず、読売新聞は奇妙な報道

 まず15日の参院特別委員会で開かれた公聴会は、与野党推薦の6人が意見を述べたが、このうち野党推薦の元最高裁判事・濱田邦夫氏や学生団体SEALDsメンバー・奥田愛基氏といった異色の人選が注目を浴びた。

 濱田氏は「憲法改正の手続きを経るべきものを閣議決定で急に変えるのは問題だ。最高裁で違憲判決が出ないという楽観論は根拠がない」と述べ、奥田氏は「選挙の時には集団的自衛権は争点ではないと言っていたのに…。憲法を無視するのは国民を無視するのと同じだ」と語った。与党推薦の公述人は法案に賛成論を述べたことは言うまでもない。

 この中央公聴会をNHKは中継しなかったのである。もちろん何を中継するか、しないか、NHKに判断の自由はあるが、いま国民の最大の関心事である安保法案が大詰めの段階にきているなかで、議員たちの質疑とは違う第三者の賛否両論の意見を聞くのは、国民の理解を深める上でも有効だろう。NHKが中継をしなかったのは、賛成論に説得力がなく、政府・与党に気兼ねをしたのではないか、と言ったら勘ぐりすぎか。

 新聞のほうはどうか。二極分化するなかで、読売新聞の報道がなんともおかしかった。翌日の紙面を探しても1、2、3面の総合面には1行もなく、4面の政治面にベタ記事でちょっと載っているだけ。それに対して3面の社説には、野党推薦の公述人の発言を厳しく糾弾しているのだ。

 読売新聞の読者は、社説で糾弾されている公述人の発言内容を詳しく知りたいと探しても紙面にはないのだから、きっと戸惑ったに違いない。8月30日の大規模な反対デモを小さく見せるため、前日の小さな賛成デモの写真と並べた姑息な報道ほどではないにせよ、日本を代表する新聞のやることではあるまい。

公聴会後の討論もなく、採決したかどうかも不明の中で

 本来なら中央公聴会も地方公聴会も、法案に対する国民の意見を聴き、それを法案の審議に反映させるためのものだろう。横浜の地方公聴会は、94人の発言希望者の全員が「反対意見」だったというのだから、その発言内容に注目してもいいはずなのに、その報告も聞かずに質疑を打ち切り採決しようとした政府・与党は、ルール違反だといっても過言ではない。

 16日夜の特別委の理事会がもめ、鴻池委員長の職権で17日朝から理事会を再開すると決めて散会したため、17日が焦点の日になった。NHKが17日の朝から深夜までほとんどぶっ通しで国会中継を続けたのは、前々日の公聴会の中継をしなかったことに視聴者から抗議が殺到したからであろうか。

 そのNHKの中継を、私は朝から深夜までじっと見ていた。ほとんどの国民はそんな暇はないだろうから、ニュース番組などで乱闘場面だけを見て「ああ、野党の抵抗は激しかったのだな」と思ったことだろうが、実は、そのほとんどは与党側の仕組んだものだったのである。

 まず、特別委の理事会を通常の理事会室でなく、突然、委員会室に代え、看板をかけなおしたことに野党議員が抗議して午前中はつぶれ、午後1時から再開。鴻池委員長が質疑を打ち切ると宣言したとたん、野党から「鴻池委員長の不信任案」が提出され、賛成、反対の意見表明が続いた。

 野党側からの賛成意見は、たっぷり時間もとり、安保法案の審議を総括するような内容もあって、なかなかのものだった。なかでも福山哲郎議員、山本太郎議員の演説は、「長すぎるぞ」のヤジにも負けず大熱演で中身もあり、大いに聞かせた。

 不信任案の賛成意見はみんな、鴻池委員長の運営は公平だったと絶賛から始まり、こんな策謀をさせたのは誰なのか、と糾弾する形をとっていた。委員会室のドアの外で聴いている鴻池委員長にエールを送り、採決の先送りを求める策謀かなと一瞬思ったが、絶賛の理由に挙げた事実に具体性があって、いわゆる策謀ではなく、大詰めまでの委員長の采配は公平だったことがよく分かった。

 ところが、午後4時半、不信任案が否決されて鴻池委員長が席に戻るや、与党議員がわっと集まって委員長席の周りにスクラムを組み、出遅れた野党議員が近づくのを阻止して乱闘状態になった。そのなかで、イラク派遣の自衛隊の隊長だった佐藤正久議員の手が挙がり、与党議員が立ち上がる姿が見えたが、声は聞こえず、それで採決が終わったとはテレビ画面ではまったく分からなかった。

 それでも与党側の筋書き通りだったのだろう。NHKの中継画面にすぐ「安保法案可決」のテロップが流れ、「なんだ、NHKは与党の筋書きを知っていたのか」と、違和感が残った。あの混乱のなかの僅かな時間で安保法案の可決だけでなく、次世代の党など3党と与党が合意した付帯決議まで提案され、可決されたとはとても信じられなかったからだ。

メディアの二極分化、テレビまで 新聞も『暴走』『迷走』…

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  2. 2

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    トランプ氏の側近3人 暗躍失敗か

    WEDGE Infinity

  4. 4

    タクシーのマスク強制が嫌なワケ

    永江一石

  5. 5

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

  6. 6

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    田代まさし闘病で収監延期の現在

    SmartFLASH

  8. 8

    タワマン強盗の恐怖を被害者激白

    NEWSポストセブン

  9. 9

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  10. 10

    鬼滅旋風で頭抱える映画配給会社

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。