記事

モンスターストライクの責任者が語る 半沢直樹とモンストに共通する爽快感|インタビュー・対談

今度の半沢直樹はIT業界が舞台。人気のゲーム「モンスターストライク」の責任者、木村弘毅さん(ミクシィ 取締役 「XFLAG」 スタジオ 総監督)は池井戸作品の大ファン。「エンタテインメントとしての爽快感が抜群」という。実は、モンストと半沢直樹は似ている面があるそうだ。爽快感に隠された秘密とは? 

画像を見る
『ロスジェネの逆襲』(池井戸潤 著)(文藝春秋 刊)


エンタテインメントとしての爽快感が抜群

――池井戸潤作品のファンだそうですね。どんなところが魅力ですか?

 池井戸先生の作品は、悪い奴がいて、必ずその主人公が窮地に立たされて、そこから大逆転するというところが、エンタテインメントとしての爽快感が抜群だなと思っています。『ロスジェネの逆襲』も、池井戸先生らしい大逆転劇が楽しめました。

 僕らが作っているモンスターストライクというゲームとすごく似通っていると思います。モンストの場合も、実は大逆転劇というのを演出しているんですね。敵の強いボスがいて、やられる。窮地に立たされた時に、必殺技で大逆転する。僕らは「緊張と緩和」と呼んでいるんですが、池井戸先生の作品を読むと「緊張と緩和」が大事なんだな、ということをいつも感じています。

――木村さんのお父様が半沢直樹と同じ銀行員。木村さんはIT業界の人。『ロスジェネの逆襲』の世界を身近に感じる部分がありましたか?

 まさしく父は銀行の営業をやっていて、私は子どもの頃は「父のようにはなりたくない」と思っていたんですね。お金という、ある種「無機質なもの」「色のないもの」を取り扱って何が面白いんだろう? 何でそんなことにエネルギーを傾けられるんだろう? と思っていました。だから、エンタメ業界に行きたかった。エンタテインメントで一番楽しいのは何かといえば、根源にあるのはコミュニケーションです。それをビジネスとして一番伸ばしていけるのはITだと思ってこの世界に入りました。

 ところが半沢直樹のシリーズを読んで「銀行の中のバトルってこんなに楽しいんだな、こんなに充実した闘いが銀行のなかにあるんだな」と思って、父のことを改めてスゴイなと思いました。

――そのお父様が銀行を辞めて事業を起こされた。池井戸作品に描かれるような、中小企業の経営、資金繰りなどの描写も身近に思われたことがあるのでは?

 父の会社も、資金繰りや、手形を取り扱って「流れたらどうしようか」という悩みは常にあって、色んな金融機関に支えられている面がありました。まあ、池井戸先生の小説に描かれている会社ほど苦しんではいなかったですけど、「そう、そう、そう」と思いながら読んだ部分はありました。中小企業の側面というのも上手く描いていらっしゃるなと思います。

ロスジェネ世代の森山は伸びるタイプ

――主人公・半沢直樹の魅力は?

 すごく共感をしています。顧客第一主義で、内側に目を向けずに外側に向かって組織を向けて行こうとする。それを邪魔して内側に向かう人を正していく。そういう姿勢はミクシィでも大事だと思っていますし、とにかくお客様を見ていこうよと社員にも働きかけています。

 半沢直樹はインテグリティ(誠実度)もすごく高くて、自分自身のためというよりは、組織のために働ける人。一緒に働いてみたいな、一緒にいると刺激を受けそうだなと思わせる。僕らが躓きそうなときにいろんなことをハッと気づかせてくれる「いいアニキ」という印象を持っています。

――半沢直樹の部下で、ロスジェネ世代として描かれている森山雅弘をどう思いますか?

 同じ世代の方なので僕がアドバイスというのもおこがましいのですが、不平不満を持っているというのはすごく問題意識を抱えている人だと思いますね。「じゃあ、森山くんだったらどういうふうにしたら解決できると思う?」「森山くんなら、どういうふうにしたらいい?」と突ついてあげることで、大きく化ける可能性があると思います。

 人には2タイプあると思っていて、今あることを漫然とこなすタイプと、常に何かを考えて、現状に対して「物足りない」「つまらない」「打開したい」と考えているタイプ。成長させやすいのは後者だと思うんですね。そういう意味ではすごくチャンスを持っている人だと思います。

――ロスジェネ世代の一人として、『ロスジェネの逆襲』をどう読みましたか?

 ミクシィって、私と会長、社長とは年齢が同じだったり1つ違いだったり、ほとんど同じ世代の人間ばかりで、あまり世代論について考えてきたことがなかったんです。『ロスジェネの逆襲』を読んで、世代間のコミュニケーションの難しさ、見ているものが違うことでの考え方の違いという問題を感じました。私たちがロスジェネ世代だとして、その下の世代と会話していくときにこういう問題が起るんじゃないかと考えさせられました。

本業に専念するか、事業拡大か

――東京スパイラルは、社長の瀬名洋介と同世代の仲間が立ち上げた会社ですが、成長の過程で本業に専念するか、事業拡大かで大きな決断を迫られます。経営者としてどう読みましたか?

 これは、会社を経営していると必ずぶち当たる壁です。選択と集中をしていくのか、多角化をするのか。二者択一かのように語られることがありますが、必ずしも二者択一ではないかなと思っているんです。

 もちろん得意な分野は本業として伸ばして行きつつ、そこから関連する事業についてはきちんと手を伸ばして新しい事業を作り、お客様を開拓していく。そういうバランス感覚でいればいいと思います。

 ただ闇雲に「儲かればいい」「最近流行ってそうだ」ということでは本当の嗅覚はきかないでしょうし、やる意味がない。お客様がいるのかも分らないでしょう。今、自分たちがやっている事業から感じ取っているバリューを、どう転換したらお客様に届けられるのか、という視点が大事です。

 たとえばSNSの「mixi」、ゲームの「モンスターストライク」。これって全然違う事業のように思えるかも知れないですが、私たちは、かなり共通点があると思っています。

 SNSのmixiは仲の良い友達と日記を交換して楽しむサービス。モンスターストライクはゲームではあるんですが、大好きな友達や家族と集まってワイワイガヤガヤと楽しむエンタテインメントと位置づけているんですね。事業の切り方によっては全然違うビジネスに見えるんですが、実はかなり似通っていると位置づけています。

 こういうふうに得意とする領域、お客様をきちんととらえてやっていくことで両立ができるのかなと思います。

『ロスジェネの逆襲』では、他の役員がベンチャー企業に投資してキャピタルゲインを稼ぐ計画を提案し、瀬名社長が「成長率が鈍化したからといって、狼狽して不慣れな新事業にカネを突っ込んでどうする。もっと冷静に対応してくれないか」と拒絶していましたね。

―― どんな人に『ロスジェネの逆襲』を薦めたいですか?

 まずは、本をあまり読まない人には読んでみてもらいたいですね。半沢直樹シリーズは、「テレビでやってたあの話のシリーズなのか」と興味を持ってもらいやすいと思います。

 とにかくエンタテインメントとしての作りがすごく面白いです。自然に事件に巻き込まれて、そのなかでいろんな窮地に立たされるわけですね。それを半沢直樹の視点で、あるいは東京スパイラルの社長の視点でとか、いろんな視点で味わっていく。すごくドキドキ、ハラハラしますね。

 こんな問題を解決できるのか、絶対無理だろうというところで、ものすごいアイデアで切り抜けて行く。エンタテインメントとしての面白さは間違いがないので、最近本はあまり読まない、ビジネス書は仕方がないけど小説はなあ、という方も多いと思うんですけど、ぜひ手にとっていただいて、小説ならではのドキドキ、ハラハラを味わって欲しいと思います。

木村弘毅(株式会社ミクシィ 取締役 「XFLAG」スタジオ 総監督)1975年生まれ。電気設備会社で勤務後、携帯コンテンツ会社などを経て2008年よりミクシィにてゲーム事業に従事。15年より現職。

あわせて読みたい

「半沢直樹」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    大阪警官刺傷 子ども移動控えて

    橋下徹

  2. 2

    イランが日本船を狙うのは可能か

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    オペレータ職が陥る貧困ループ

    NEWSポストセブン

  4. 4

    私刑実行する正論オジサンの心理

    PRESIDENT Online

  5. 5

    宮内庁楽部のNO.2が教え子と不倫

    文春オンライン

  6. 6

    アラジン 大半は山寺宏一の手柄

    fujipon

  7. 7

    パチンコ 倒産件数が前年上回る

    MONEYzine

  8. 8

    老後2000万円 大本営発表状態に

    大串博志

  9. 9

    年金問題 「国民に謝れ」は煽り

    青山まさゆき

  10. 10

    アベノミクスで望めぬ経済成長

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。