記事

代表取締役は3号被保険者になれない

会社の代表取締役は、原則として厚生年金の2号被保険者になります。

例外は、社長のお給料がゼロになったときです。

業績が著しく悪化したために、事業年度の途中で役員報酬をゼロにした女性の
社長さんは、暫くご主人の扶養(3号被保険者)に入っていました。

その間は、専業主婦と同じく厚生年金や健康保険の負担はありませんでした。

決算を迎え、新事業年度は月10万の役員報酬を取れるようになったのですが、
通常、年収130万未満であれば3号被保険者のままだと思っておられました。

しかし、代表取締役については、少しでも役員報酬があれば、2号被保険者に戻って
会社で厚生年金や健康保険を納めなければなりません。

この取り扱いは、常勤役員も同様です。

家族経営で、ご主人が代表取締役、奥様が取締役に就任されていれば、奥様の
年収にかかわらず、2号被保険者となります。

非常勤役員であれば2号被保険者には該当しなくなりますので、奥様の勤務実態
によっては、非常勤とすることも考えた方がよいでしょう。

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  5. 5

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  6. 6

    野党合同ヒアリングの悪者さがし

    千正康裕

  7. 7

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    在宅勤務のオンライン会議に弱点

    ヒロ

  9. 9

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  10. 10

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。