記事

代表取締役は3号被保険者になれない

会社の代表取締役は、原則として厚生年金の2号被保険者になります。

例外は、社長のお給料がゼロになったときです。

業績が著しく悪化したために、事業年度の途中で役員報酬をゼロにした女性の
社長さんは、暫くご主人の扶養(3号被保険者)に入っていました。

その間は、専業主婦と同じく厚生年金や健康保険の負担はありませんでした。

決算を迎え、新事業年度は月10万の役員報酬を取れるようになったのですが、
通常、年収130万未満であれば3号被保険者のままだと思っておられました。

しかし、代表取締役については、少しでも役員報酬があれば、2号被保険者に戻って
会社で厚生年金や健康保険を納めなければなりません。

この取り扱いは、常勤役員も同様です。

家族経営で、ご主人が代表取締役、奥様が取締役に就任されていれば、奥様の
年収にかかわらず、2号被保険者となります。

非常勤役員であれば2号被保険者には該当しなくなりますので、奥様の勤務実態
によっては、非常勤とすることも考えた方がよいでしょう。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏、JR東日本「Suica」利用客データ販売検討に「さっさと使っちゃえ」

    ABEMA TIMES

    01月23日 14:21

  2. 2

    欧米流の脱炭素論にモノ申す 都合よくSDGsを持ち出すな

    WEDGE Infinity

    01月23日 16:23

  3. 3

    自宅に監視カメラ、行動履歴の掌握、犯罪「候補」者の摘発――AIが人間を監視する「ウイグル」の現在 - 佐々木俊尚

    新潮社フォーサイト

    01月23日 14:31

  4. 4

    「性格が激変し、仕事を失い、夫とも離婚」30代女性を10年間苦しめた若年性更年期の怖さ

    PRESIDENT Online

    01月23日 15:32

  5. 5

    秒読みのウクライナ侵攻・・プーチンの論理

    舛添要一

    01月23日 20:06

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。