記事

「第一中央汽船グループ国内取引状況」調査

第一中央汽船(株)(TSR企業コード:291084648、東証1部、東京都中央区)が9月29日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。負債総額は1,196億800万円(保証債務含む)で、海運業者の倒産としては、2012年7月の三光汽船(株)(TSR企業コード:290448557、東京都港区、会社更生法、負債総額1,558億円)に次ぐ、歴代3番目の大型倒産となった。
 今回、東京商工リサーチは、保有する国内最大級の企業データベースから、第一中央汽船および国内主要連結子会社8社を対象に、同グループを取引先とする国内企業の取引状況を調査した。この結果、第一中央汽船グループの直接仕入先(1次仕入先)は93社、さらに直接仕入先との取引を行う間接仕入先(2次仕入先)は377社だった。また、直接販売先(1次販売先)は42社、間接販売先(2次販売先)は272社だった。四国地区は、直接仕入先数が関東地区に次いで多く、影響が注目される。

産業別:直接仕入先は運輸業・郵便業に集中

 第一中央汽船グループの直接仕入先は93社だった。最も多かったのは、運輸業・郵便業で46社(構成比46.4%)。次いで、卸売業・小売業の24社(同25.8%)となった。販売先も同様の傾向で、直接取引先42社のうち、運輸業・郵便業は22社(同52.3%)でトップ。卸売業・小売業の9社(同21.4%)、製造業の7社(同16.6%)の順となった。

業種別:直接仕入先は海運関連業種が多い

 直接仕入先で最も多いのは海運仲立業で13社。次いで、内航船舶貸渡業の10社だった。船舶貸渡業は3社であったため、この2業種を足した「貸渡」を営む直接仕入先は13社となる。13社のうち8社が四国地区に所在している。

地区別:直接仕入先は関東地区が最多

 直接仕入先が最も多いのは関東地区で48社(構成比51.6%)だった。次いで、四国地区の14社(同15.0%)、近畿地区の13社(同13.9%)と続く。

画像を見る

まとめ:四国地方の「船主」への影響が心配される

 第一中央汽船グループとの直接および間接の取引を有している企業は、国内に延べ784社に上ることが分かった。直接仕入先では、四国地区の企業との取引が多いことが浮き彫りとなった。貸渡業は「船主」と呼ばれることもある。今後は、船主への影響が最小限となるよう、関係各所が対策を講じる必要がある。

あわせて読みたい

「民事再生法」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  3. 3

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

  4. 4

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  5. 5

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  7. 7

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  9. 9

    日当7万円 公務員と比較したのか

    橋下徹

  10. 10

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。