記事

新3本の矢「安倍政権の経済政策の行き詰まりが表れたもの」細野政調会長

 細野豪志政策調査会長は29日夕、定例記者会見を国会内で開き、(1)維新の党との政策協議(2)アベノミクス新3本の矢(3)SEALDs(シールズ)の奥田愛基氏とその家族に対する脅迫――等について発言した。

 30日に第1回目が開かれる維新の党との「連携協議会」の下での政策協議については、「最初なので(「外交・安保」「経済」「行財政改革」「共生社会」「地方分権」「エネルギー」の)6項目について率直な意見交換ができればいいのではないか。それを受けてできるだけ早めに合意ができるよう具体的な中身の詰めに入りたい」と述べた。民主・維新の両党が国民に対して特に訴えていくべき政策としては、「私の頭のなかにあることで言えば」と前置きしたうえで、「安全保障を立憲主義に立ったうえでどう現実主義でやっていくか」「社会保障の問題も含めて共生社会をどうつくっていくか」「身を切る改革」の3つを列挙。「野党間でどういう形で合意できるか。しっかりと議論したうえでいいものが出せれば旗印にはなるのではないか」と述べた。

 安倍政権が経済政策「アベノミクス」の「新3本の矢」として「強い経済」「子育て支援」「社会保障」の新たな目標を掲げたことについては、「かなり付け焼刃で出してきたという印象。これまで金融緩和と財政政策、成長戦略という3本で来たが、それとの整合性もまったくなく、社会保障と子育て支援を分けているなど概念の整理もできていない。600兆円という大風呂敷を広げているが具体的な道筋もまったく明らかになっていないことも含めて、安倍政権の経済政策の行き詰まりが非常に端的に表れた発表だったのではないか。成長戦略の発表を受けて株価が低迷を続けているのは、マーケットの評価を示しているのではないか」と指摘した。

 民主党の成長戦略に関しては、中間的な取りまとめに対する各部門からの意見を踏まえて作業を進めているところだとして、「われわれが焦点として当てていくべきは、地方を大事にする。中小企業をしっかりサポートしていくということ。消費、投資をどう盛り上げていくかという観点から、サプライサイドも含めていい政策をつくっていきたい」と述べた。

 シールズの奥田氏に対し、大学に脅迫状が届いたというニュースを受け、「きちんと捜査をすべき。言論封殺の問題については、(奥田氏と)考え方は違ったとしても政権の側からも何らかのメッセージが出てくることが望ましい。われわれ、政治に携わる人間がこうしたことは許さないということを明確にメッセージとして出すべきだと思う」と述べた。

 自身のブログでの「新党を結成すべき」とのコメントに関連し、目指すべき新党の枠組みについて問われると、「維新の党と政策協議を始めるなかで目標が明確であった方がいいと考えコメントした。単なる連携でとどまるのであれば取りまとめが難しい項目については回避をすることもできるが、それでは意味がない。新しい党をつくり政権をチャレンジをするという意気込みでやらないと協議自体が中身のあるものにはならない。そういう意味で申し上げた」とコメントの真意を説明。そのうえで、「枠組みについて確定的なことを申し上げられる状況ではないが、幅広く結集できることが望ましい。ただ結集をするときに安全保障の問題などで一定の幅のなかに入っていることが極めて重要。先の国会では安保法制が最大のテーマであり、それに対してこれからどう臨んでいくかについて一定の合意は必要だと思う」と述べた。

民主党広報委員会

あわせて読みたい

「アベノミクス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  2. 2

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  3. 3

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  7. 7

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

  8. 8

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  10. 10

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。