記事

上海株は大幅反落、コモディティ関連が下げ主導

[上海 29日 ロイター] - 29日の中国株式市場は反落して取引を終えた。世界経済の急激な減速懸念による海外株式市場の下落に追随し、エネルギーとコモディティ関連株が下げを主導した。

依然として薄商い。上海市場の取引高は6月初旬のピーク時の5分の1程度。10月1日から始まる中国の7日間にわたる国慶節の休暇を控え、全体的にリスクオフムードが漂っている。1日には国家統計局が発表する9月の製造業購買担当者景気指数(PMI)とサービス業PMIの発表も控えている。

上海総合指数<.SSEC>の終値は62.6191ポイント(2.02%)安の3038.1368。 上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数<.CSI300>は63.898ポイント(1.97%)安の3178.854。

華泰証券のアナリスト、Zhou Lin氏は「世界経済の健全性をめぐる懸念事項が山積している。欧州の景気回復もアジアもともにまだ弱い」と指摘。年内に実施が予想される米利上げも、新興国市場から米国への資金還流を招く可能性があるとの見方を示した。「さらに、中国は国慶節の休暇を控え、手控えムードが広がっている」とも述べた。

ほぼ全面安の展開。下落銘柄数が1992だったのに対して上昇銘柄はわずか421にとどまった。

経済の低迷が原材料需要を減退させるとの懸念から、特にエネルギー株<.CSI300EN> とコモディティ関連株<.CSI300MT>が売り込まれた。

香港株式市場も大幅に反落して取引を終えた。世界経済の急減速懸念の高まりが大量の売りを招き、特に資源株やコモディティ関連株が下落した。

ハンセン指数<.HSI>の終値は629.72ポイント(2.97%)安の2万0556.60と、2013年7月以来2年ぶりの安値水準で引けた。ハンセン中国企業株指数(H株指数)<.HSCE>は281.76ポイント(2.96%)安の9230.50。

UOBケイヒアン(香港)のディレクター、Steven Leung氏は「投資家は中国経済の急減速を懸念している。ただ最大のリスクは、世界全体のリセッションで、中国の問題だけではない」と述べた。「日本をみても景気はよくないし、経済状況でいえば欧州もよくない」と指摘。

このような弱気な見方は香港金融当局の見通しとも一致する。最近当局が発表した金融・財政安定化レポートのなかで、「中国本土経済の減速懸念と米国の金利正常化をめぐる不透明性は引き続き暗い影を落とす」と今年後半の香港株式市場に注意を促している。

主要セクターすべてが下落するなか、エネルギー関連株<.HSCIE>が下げを主導。中国石油化工(シノペック)<0386.HK>、中国石油天然ガス(ペトロチャイナ)<0857.HK>、中国海洋石油(CNOOC)<0883.HK>など香港に上場する中国の石油大手株はいずれも6%超下落した。

景気の冷え込みが銅や鉄鋼、鉄など金属への需要を縮小させるとの懸念から、コモディティ関連株<.HSCIM>も大幅に下落した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  2. 2

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  3. 3

    ウイグル弾圧をルポ 朝日に評価

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  5. 5

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  6. 6

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  7. 7

    コロナで潰れる「強みのない店」

    中川寛子

  8. 8

    任命拒否 背景に大学への不信感

    PRESIDENT Online

  9. 9

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  10. 10

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。