記事

エネルギー超大国ロシアの内実を探る 『石油国家ロシア』 - 東嶋和子 (科学ジャーナリスト・筑波大学非常勤講師)

「逆オイルショック」と呼ばれるほどの急激な原油安が、いま世界を激震させている。原油安がもたらした連鎖反応から大きな痛手を受けたのが、ほかでもない、エネルギー超大国ロシアである。

 その直前までのロシアは、豊富な石油、天然ガスと、ヨーロッパ諸国へ延びるパイプラインによって経済力と政治力を手中に収め、軍事超大国からエネルギー超大国へと変身を遂げていた。

 ところが、米国発のシェール革命が急速に世界の勢力地図を塗り変えた。化石燃料の資源枯渇論を後退させ、急激な原油安をもたらしたのである。

ロシア病の再来

画像を見る
『石油国家ロシア』マーシャル・ゴールドマン(日本経済新聞出版社)

 こうした動きは、米ソ冷戦時代を彷彿させるシーソーゲームのようにも見える。しかし、本書によると、現在の事態は「ロシア経済がこれまで矯正できないまま手をやいてきた周期的な病態の再来」にすぎないのだという。著者は、これを「ロシア病」と呼ぶ。

 本書を読めば、「ロシアのエネルギー・セクターの浮き沈みがロシアの国全体で何が起きているかをみるうえで、いかにユニークな洞察を与えてくれるかを理解してもらえると思う」。

 そう著者がいうように、本書は、エネルギーを切り口として、帝政時代からソ連時代、そして現在にいたるロシアの歴史を分析し、知られざる資源強国の内実をあぶりだす。

 著者のマーシャル・I・ゴールドマンは1930年生まれ。現在もハーバード大学ロシア・ユーラシア研究デイビス・センター終身特別研究教授として研究と教育に携わっているという。世界的なロシア経済、歴史、政治研究者であり、ゴルバチョフ、プーチン両氏らとも面識がある。両ブッシュ大統領のロシア政策アドバイザーを務めるなど、米ロ両国の内情にも通じている。

 とくにプーチン氏とは、ロシア内外の研究者やジャーナリストが毎年秋に意見交換する「ヴァルダイ会議」の場で厳しいやりとりを交わしており、本書にも生々しい場面が描かれている。

 <本文にも披露されているとおり、そこでのマーシャルさんは、すくなからぬプーチン体制の首脳たちが公職と国営大企業の要職を兼ねている実状をどう認識しているのか、といった辛口の問いをためらうことなくプーチン氏に投げかけており、そこには、親交のあったゴルバチョフ氏もふくめソ連とロシアの歴代の指導者たちを、真に国民大衆の利益を優先して行動してきたかどうか、という問題意識に立ってきびしく見据えてきたマーシャルさんの面目が躍動している。>

 そう訳者あとがきにあるように、著者の立ち位置はイデオロギーや国家ではなく、「国民大衆の利益」というところにあるようだ。読んでいて、主張がすとんと腑に落ちるのは、そうした、ぶれない立ち位置のおかげだろう。

 加えて、脅しを受けたりといった個人的な体験や、世界的な人脈から得た情報も含む豊富なエピソード、データに基づく論理的な分析が、解説に重みをもたせている。

 <石油には、議論を引き起こさずにはおかない、そして陰謀めいたところがある。ロシアには、謎にみちた、そして人を魅了してやまない何かがある。この二つが「ロシア石油の研究」という形でひとつになると表れてくるのは、苛立たせる一方で没頭させずにはおかないミステリ小説に近い代物である。>

 著者はそう語り、「発見と陰謀と腐敗と富、まちがった判断と貪欲と利権供与と身内びいきと権力の物語」をつむいでいく。

 新聞で読んで、あるいはテレビで見て、記憶の隅にあった過去の事件や断片的な情報がどこかでつながり、やがて一枚のタペストリーのように織り上げられていくのは、実にスリリングだ。

 とりわけ、ソ連崩壊後の混乱で「オリガルヒ」(新興財閥)による富の独占を生んだロシアが、「ガス皇帝」プーチンの戦略のもと、資源ビジネスを再国有化していく過程は、映画を見ているかのよう。

国益優先企業「ガスプロム」

 資源開発を進めるために外資を受け入れつつ、開発に成功するやいなや、政府が介入して強引に事業を”召し上げる”やり口には、今更ながら驚くばかりだ。日本の関わったサハリンプロジェクトも、例外ではない。

 膨大な天然ガス資源とパイプライン網を独占するガスプロムという「国益優先企業」の力を背景に、エネルギー供給停止という脅しをちらつかせるロシア。「冷戦時代よりも強力な立場にある」ロシアに、ヨーロッパは有力な抑止力を持ちえるのか。世界を巻きこむパイプライン戦争の話は生々しい。

 そもそも、世界最大の石油産出国になるほど資源に恵まれながら、ソ連はなぜ1991年に崩壊したのか? CIA(米中央情報局)はソ連崩壊に際し、何らかの役割を演じたのか? 当時はエネルギー超大国でなかったロシアが、どうして現在そうなりえたのか? そのどこまでが資源によるもので、どこまでが周到に練りあげた政策によるものなのか? ロシアが新たに見出した富と権力の受益者はどんな人々なのか? チェスにたとえると、プーチンは終盤でどんな詰め手を指そうと考えているのか?

 これらが、本書で扱われる問いの一部、いわば、ジグソーパズルの断片である。

 <もっとも大事な点は、ながきにわたり軍事超大国たらんとして失敗したロシアが、かりに意図しない結果だったにしろ、別の種類の超大国、経済とエネルギーを力のよりどころにする超大国として登場したことである。ロシアはいまそうした影響力をどんな風に使っているのだろう? そのことが世界にとって今後どのような意味合いをもつようになるのだろう?>

 本書のオリジナルは、オックスフォード・ユニバーシティ・プレスから2008年に刊行された。2010年刊行の日本語版には、ロシア経済がその後の世界不況から受けた打撃やプーチン=メドヴェージェフ双頭体制などを論じた「石油国家かプーチン国家か――日本の読者のために」が加筆されている。
昨今の逆オイルショックの衝撃まではたどれていないものの、「歴史は繰り返す」だけに、本書は、石油国家ロシアとそれを取り巻く世界の未来を見通す一助となるに違いない。「抑制なしのエネルギー大国」にどう向き合うべきか、日本人にとっても大いに示唆に富む一冊である。

あわせて読みたい

「ロシア」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「自民党は嫌いでも、投票するのは自民党」立憲民主党が自民党に勝てない最大の理由

    御田寺圭

    09月23日 08:07

  2. 2

    「レジ袋の有料化」と「レジ袋の減少化」が生んだ本末転倒な事態

    自由人

    09月22日 22:07

  3. 3

    河野氏は論戦巧者 他の候補者3人がほぼ無防備な年金問題に手を付けたのは上手い

    ヒロ

    09月23日 10:39

  4. 4

    NHK党・立花孝志氏 へずまりゅう擁立も「二度と信頼しない」と支持者が続々離脱

    女性自身

    09月23日 10:32

  5. 5

    専門家の感染者数予想はなぜ実数とかけ離れてしまうのか

    中村ゆきつぐ

    09月23日 10:26

  6. 6

    45歳定年なんてホントに実現するの?と思ったときに読む話

    城繁幸

    09月23日 16:12

  7. 7

    43歳、年収600万円で「結婚できないのが辛い…」と会社を辞めた男性に励ましの声

    キャリコネニュース

    09月23日 12:17

  8. 8

    新型は納車2年待ちの「ランドクルーザー」 なぜ世界中で高い信頼を得られたのか

    NEWSポストセブン

    09月23日 13:25

  9. 9

    菅さんの水面下での仕事の成果が今になって出て来たようだ

    早川忠孝

    09月22日 15:52

  10. 10

    横浜市長就任後も疑惑について説明しない山中竹春氏 ウソと恫喝の追及は続く

    郷原信郎

    09月22日 10:56

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。