記事

ライター志望の学生に同人誌を作ることをおすすめする3つの理由

 秋になり常に喘息気味で、作業に汲々としている状況は変わらず、関係各位に「大丈夫?」と心配のお声がけをいただくのですが、「…だ、いじょう…ぶ…」といった返事でさらに心配をおかけしているであろうことが心苦しいParsleyです。ごきげんよう。

 ちょっと前になるのだけど、「ライターになりたい」という学生さんとお話をする機会があって、その時に「同人活動はしてますか?」ということを尋ねたら、思いもよらなかったという表情で「してませんね」というお答えだった。ブログはWordPressで作っていたりして、「外」に向かったアプローチをしているタイプの方だったから聞いてみたのだけど、意外と薄い本を作る事とは距離があるのだなぁ、と思ったりしたのだった。
 それで、今をときめくマンガ家の先生がコミケ出身だったり、これまた今をときめく西田亮介先生も『.review』という活動を『文学フリマ』中心にしていた時期があったという話をしたりしたのだけど。自分自身も学生の頃は奨学生だったこともあり、同人をやる余裕がなかったし、自分が活動するとは思いもよらないものだよなぁ、と我が身を振り返ってみたりした。

 とはいえ。将来的にライターしろ編集にしろ、メディアでお仕事をしていきたいのならば、学生のうちに同人誌を作って即売会に出て頒布する、という行為をやっておくメリットは確かにあると思う。それには主に3つの理由がある。

■本を作るプロセスのすべてを経験できる

 書きたい内容やコンセプトを決めて、タイトルをつける……ということならば、ブログなどでもできるが、ページ数を決めて台割を切って、文字や画像のレイアウトを組んで、表紙のデザインを決めて……という本を作る一連のプロセスを知ることができる。
 あと、印刷所に自分で持っていって、ページ数あたりいくらなのかを知ることも、大事なノウハウ。特に、早く入稿すればするほど割引が利く、ということはスケジュール管理をする上で、早め早めの入稿を心がけるクセをつけることができる……かも。
 いずれにしても、データを作るだけでなく、入稿から搬入までのプロセスを一度経験すると、本がどのように作られて流通しているのか、ミニマムながらも体感することができるので、将来的にそのお仕事が「なぜその原稿料なのか」とか、かかる工数とかが読めるようになる。そのきっかけという意味でも、一度薄い本を作ってみるというのはおすすめだ。

■「マーケットの厳しさ」を身をもって体験できる

 もちろん本は作るだけでなく売るということも必要なのだけど、基本的に同人誌即売会というのはスーパーフラットなマーケットで、人気サークルの本は先行者利益もあってとことん売れるし(とはいえ、内容イマイチだと出数もイマイチになるが)、何の告知もしないでただ長机の前に本を並べているだけでは惨敗は必至だ。「時間があったら行くよ」と言っていた友達がいつまでも来なくて「友情の量数」を測りだしたりする羽目になることだってある。
 とはいえ、だからと言って「一冊も売れない」という事態はどんな内容にしろほとんどないのでは、というのが個人的な感覚。フリーペーパーなどを用意しても、まったく手にとってもらえなかった、ということはないし、正真正銘の「空振り」になるということはない。出れば誰かには届く。
 この「届く」ということが大事で、「お客様は神様」という言葉が実感できるし、「本一冊を売る」という行為がいかにとてつもない事なのか、身をもって体験できる。

■Adobe製品が学割で使える

 これが一番大きいかもしれない。Creative Cloudコンプリートプランは個人向けだと年間費59760円(参考)だが、学生・教職員版だと23760円と半額以下。ちなみに、2015年10月30日まではキャンペーンで19800円となっている(参考)。うらやま。
 特にPhotoshopとIllustratorは特にウェブでライターをする際に画像の加工でお世話になることが多いし、InDesignもDTPソフトとしてスタンダードなので、手元でいつでも使える状態だといつでも作りたい時に薄い本が作れる環境になる。それを学生のうちから慣れておくのは、絶対に無駄にならないと思う。

 そんなこんなで。ブログを作って頻繁に更新する、というのもおすすめなのだけれど、同じくらい薄い本を作ってみることはメディアでお仕事をしたいという希望があるならば糧になるよ、というお話でした。単純に、自分の本がだんだんと出来ていくプロセスは楽しいし(もし楽しくないというのならば、書き手という仕事は向いてないかも)、出来上がって、印刷所で紙を選んで、即売会の申し込みをして、当日頒布するということを「ひとり」でこなす、ということが経験にも自信にもつながると思う。なので、ぜひ一度はチャレンジしてみてください。

 そんなこんなで。散文的な世界に戻るとします。ではまた!

あわせて読みたい

「同人誌」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  2. 2

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  3. 3

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  4. 4

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  7. 7

    中国が支配するディストピア 香港の大量国外脱出「英国だけでも5年で最大83万人超」予測

    木村正人

    08月02日 18:29

  8. 8

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  9. 9

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  10. 10

    橋下徹氏 五輪をやると国民の行動制限が効かなくなることを想定していなかったのか

    橋下徹

    08月02日 16:48

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。