記事

「イスラム国」の脅威に相乗りしようとするロシア ドゥシャンベでのプーチン演説を読み解く(前編) - 小泉悠 (財団法人未来工学研究所客員研究員)

日本ではほとんど知られていないが、CSTO(集団安全保障条約機構)という組織がある。

 旧ソ連のロシア、アルメニア、ベラルーシ、カザフスタン、キルギスタン、タジキスタンの6カ国で構成されており、「集団安全保障」とは銘打っているものの、実態は外敵への共同防衛を謳った集団防衛条約である。かつてはグルジアやウズベキスタンも加盟していたが、加盟国間の関係悪化などを経て現在は上記の6カ国のみが参加している(正確に言えばウズベキスタンは加盟を「停止」している。しかし、完全に脱退した訳ではない)。

 CSTOは毎年加盟国内で各級のハイレベル会合を実施しているが、その最高意思決定機関である集団安全保障会議(首脳会合)が9月15日にタジキスタンの首都ドゥシャンベで開かれた。

 同会合ではいくつかの興味深い決定が採択されたが、中でも注目されたのはロシアのプーチン大統領による演説である。一言で言えば、これは現在の世界のありようをイスラム過激主義との戦いと位置付け、それによって国際社会から孤立したロシアやシリアの立場を回復しようとするものと言える。以下の本稿では、その内容をいくつかに分けてご紹介したい。

「中央アジア不安定化」の虚実

 これも日本ではなじみが薄いが、旧ソ連の南端、アフガニスタンとの国境にタジキスタン共和国がある。1997年まで続いたタジキスタン内戦では、ロシア政府やウズベキスタン政府の支援を受けた政府軍と、アフガニスタンやウズベキスタンのイスラム過激派に支援された反体制派とが激しい争いを繰り返し、政情がある程度安定した後もロシア軍が駐留を続けている。

 そのタジキスタンで今月4日、国防省や警察の庁舎が百数十人規模の武装勢力によって襲撃されるという事件が発生した。襲撃を指揮したのはナゾルザダ国防次官とされる。

 国防次官が国防省の施設を攻撃するというのは何とも奇妙だが、同人は内戦期に反政府勢力側でタジキスタン政府軍と戦ったという経歴を持つ人物で、背景にはイスラム過激主義とのつながりが指摘される。タジキスタンでは6月にも内務省治安部隊の司令官が「イスラム国(IS)」に参加するという事態も生じていた。

 前述のCSTO首脳会議は問題の襲撃事件からわずか11日後に開催されたということもあり、当日はタジキスタン駐留ロシア軍が通りを全面封鎖するなどして厳戒態勢の中で実施された。プーチン大統領の演説も、まずはタジキスタン情勢に関する話題から始まっている。

「エモマリ・シャリポーヴィチ(訳注:タジキスタンのラフモン大統領を指す)に感謝申し上げます。

 何よりもまず、現在のタジキスタンにおける奮闘に感謝の言葉をお伝えしたいと思います。

 タジキスタンは我々の戦略的パートナーであり、同盟国であるということを申し上げておきたい。ここタジキスタンにおいて、皆さんは多くの問題、明白な攻撃、情勢を不安定化させようとする企てに直面しています。同時に、次のようにも申し上げたい。共和国(訳注:タジキスタンを指す)の治安機関及び軍は、今起こっている諸問題に首尾よく対処しつつあるものの、我々はこれらの脅威を的確に評価し、常に支援及び援助を行うよう検討することができるということです」

 以上のプーチン発言で注目したいのは、タジキスタンへのロシアの「支援及び援助」に言及している点である。現在、タジキスタンには第201ロシア軍事基地(201RVB)と呼ばれる6000人規模の部隊が駐留しているが(これは中央アジアに常駐するロシア唯一の地上戦力である)、2005年まではロシアの国境警備隊がタジキスタン国境警備隊と共同で対アフガニスタン国境の警備に当たっていた。

タジキスタンへの軍事力展開を急ぐロシア

 これに対してロシア側からは度々タジキスタンへのロシア国境警備隊再展開が打診されていると言われるほか、ロシア軍が現在駐屯している南西部の平野部だけでなく、イスラム過激主義ゲリラの浸透ルートになりやすい東部山岳地域への展開も示唆されるようになってきた。

 ロシアがタジキスタンへの軍事力展開を急ぐ背景としては、米軍やISAF(国際治安支援部隊)がアフガニスタンから撤退して以降の情勢不安定化と、それが旧ソ連の中央アジア諸国へ波及する懸念とがよく指摘される。

 たとえば上記の発言に続いて、プーチン大統領は以下のように述べている。

 「我々は、CSTOの責任圏内における情勢と地域的・国際的諸問題について具体的な議論を行い、我々の組織(訳注:CSTOを指す)のさらなる強化に関する施策を決定しました。CSTO加盟国が多方面において対峙する脅威が増大していることについても確認されました。

 アフガニスタン問題に関する状況は我々の懸念を呼んでいます。国際治安支援部隊はこの国に大変長く駐留し、肯定的なものも含めていくつかの働きをしました。しかし、結果として見れば、彼らは情勢の質的、根本的、最終的な改善をもたらすことはできなかったのです。外国軍部隊(訳注:ISAF及び米軍)の大部分が撤退したことにより、残念ながら同国は不安定化しつつあります。

 アフガニスタンと国境を接する国々の領域内において、テロ組織及び過激主義組織の危険が現実に高まっています。しかも、アフガニスタン領域内の既知の組織に加え、いわゆるイスラム国が影響を拡大していることで、その脅威は深刻化しているのです。この組織の活動範囲は、イラク及びシリアの国境を越えて遠くまで及んでいます。テロリストたちは大量処刑を行い、カオスと全人民の貧困をもたらし、文化財や宗教的聖物を破壊しています」

 14年に渡る駐留を経ても西側はアフガニスタンを安定化することはできず、あまつさえ「イスラム国」の影響さえ及びつつある、したがってロシアを中心とするCSTOの強化を図らねばならないというロジックである。

 ただ、このようなロジックが今回のタジキスタンにおける襲撃事件と直接結びつくかどうかはもう少し踏み込んだ検討を要する。

 9月18日にタジキスタン最高検察庁が発表したところでは、ナゾルザダ国防次官はタジキスタン・イスラム復興党(IRPT。これは中央アジアで唯一のイスラム政党である)指導部の指示を得て今回の襲撃に及んだことになっている。IPRTはタジキスタン内戦における反政府勢力の中核政党で、内戦終結後の1998年に合法化されていた。

イスラム潰しで思惑一致
タジキスタン政府の主張を裏書きする

 しかし、同党は議席わずか2議席の弱小政党に過ぎない上、現在は政権打倒を目指す訳でもなく、穏健路線を歩んでいる。IRPTが政府機関攻撃を画策したとすればあまりにも脈絡がなく、国民の広範な支持を集めているわけでない同党が蜂起しても成功の見込みは薄い。

 実際、ナゾルザダの蜂起は一過性に終わり、逃亡後、治安部隊によって殺害されるという幕切れを迎えた。ナゾルザダ自身がこのような行動に出た背景はまだはっきりしないものの、これを奇貨としてタジキスタン政権側がIPRTの一掃を図ろうとしている、というほうがしっくり来るように思われる。

 一方、プーチン大統領がタジキスタン政府のこうした主張を裏書きする演説を行うのは、それがロシアの利益にも叶うためと考えられる。

 第一に、旧ソ連諸国を「勢力圏」と見なすロシアは、CSTOを通じて部分的にではあるが旧ソ連への軍事的影響力を確保しようとしてきた。その際、国際的にも対内的にも最も支持を得やすい大義名分がイスラム過激派の脅威である。

 もちろん、アフガニスタンの不安定化によるタリバーン勢力の中央アジアへの浸透や、旧ソ連のイスラム過激派とシリア内戦との連動がロシアにとって現実の脅威であることには変わりはない。その一方、こうした脅威を過大に喧伝することでロシアが軍事的影響力を及ぼそうとしてくることに対して中央アジア諸国側の警戒感が根強いことも事実であった。

ロシアの念願が実現 CSTO合同航空部隊の創設

 実際、ロシアはこれまでもイスラム過激主義の脅威を理由としてCSTOの軍事統合強化やタジキスタン、キルギスタン等への軍事援助を提案してきたが、中央アジア諸国は総じて消極的である。今回のタジキスタンにおけるCSTO首脳会議ではCSTO合同航空部隊の創設が正式決定されたが、これも数年前からロシアが主張してようやく承認されたものであった。

 もうひとつの背景としては、シリア情勢に関するロシアの思惑がある。8月以降、ロシアはシリア内戦をISに対する「テロとの戦い」と再定義することでアサド政権の延命を図ろうとする動きを活発化させており、タジキスタンにおけるイスラム過激主義の脅威を強調することはこうしたロシアの対中東戦略にも資するものと考えられるためだ。

 そこで次回の小欄では、プーチン演説の後半を紹介しつつ、この点に焦点を当ててみることにしたい。

あわせて読みたい

「ロシア」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河野大臣「ワクチンは十分に足りている」接種状況について説明

    河野太郎

    08月03日 09:13

  2. 2

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  3. 3

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  4. 4

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  7. 7

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  8. 8

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  9. 9

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  10. 10

    世界初の自動運転「レベル3」登場も複雑化する使用条件

    森口将之

    08月03日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。