記事

憲法9条は死んだのか?

イラク戦争を「支持」した者どもが、絶対反省しない国、日本。

安倍政権も、安倍のコアな支持者も、イラク戦争の大失敗から目を逸らし、耳を塞ぐ国、日本。

そんな国が集団的自衛権を行使することになれば、「米国の戦争に巻き込まれる」ことは必定だと当然思う。

「戦争法案」がレッテル貼りと言うが、「平和安全法案」の方が、ペテンの自己レッテル貼りだろう。

だが、国防について、結局は日米安保と言う者らが、憲法9条を守れと言っている図は天下の奇観と言うしかない。

「立憲主義」と言いながら、実は憲法9条護持が混ざり過ぎなのが国会前のデモなので、どうにもこうにも感情移入が出来ない。

報道もシールズのデモを、「護憲運動」の脈絡で利用しているから、共感するのは不可能である。

憲法学者の長谷部氏が国会前のデモに参加していたのも奇妙で、彼はシールズを希望だと持ち上げているが、特定秘密保護法を支持したくせに何を言っているのか。

あの法案があれば、イラク戦争のような事態に、肝心な情報を隠ぺいされてしまう。

憲法学者もいかがわしいと警戒しておくしかない。

わしは反戦平和イデオロギーを信用しない。

そこに大義があるか否かを最も重視するのである!

「ゴー宣道場」応募〆切が30日水曜、あと3日に迫った。

この時期に「憲法9条」を論ずるのである。

安保法制で憲法9条は死んだのか?

それともまだ生きているのか?

参加せよ!議論せよ!

あわせて読みたい

「憲法9条」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  2. 2

    GoToなぜ今か 政府は説明すべき

    青山まさゆき

  3. 3

    れいわ10万円配布案の効果に疑問

    猪野 亨

  4. 4

    松坂大輔が離脱へ 晩節汚すのか

    WEDGE Infinity

  5. 5

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  6. 6

    感染拡大の裏に軽率さ 医師警鐘

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    コロナ楽観予測報道はミスリード

    勝川 俊雄

  8. 8

    西村大臣 PCR陽性率は約5%に低下

    西村康稔

  9. 9

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  10. 10

    GoTo開始に国民は混乱「なぜ今」

    内藤忍

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。