記事

VW不正問題、販売への影響や戦略変更ない=BMW日本法人社長

[東京 25日 ロイター] - 独BMW<BMWG.DE>日本法人のペーター・クロンシュナーブル社長は25日の新車発表会で、独フォルクスワーゲン(VW)<VOWG_p.DE>が欧米でディーゼル車の排ガス規制を不正に逃れていた問題に関連し、BMWの販売への影響は「現時点では見られていない」と述べ、今後も「影響が及ぶとは考えていない」と語った。

BMWは日本市場で輸入車メーカーとしては一番多くディーゼル車を販売している。

同社長は「BMWは世界のどの場所でも、排ガス規制を順守している」と指摘、今後の戦略や新車投入のスケジュールに変更も「全くない」と強調した。BMWのクリーンディーゼルエンジンには先進技術が導入されており「全く心配していない」と語り、今後も「さらに性能が再評価され、販売が広がればうれしい」と期待を込めた。

VWの問題発覚を受けて、独オートビルト誌がBMWのディーゼル車「X3」も道路走行時の窒素酸化物(NOx)が欧州基準値の11倍超だったなどと報じたが、BMWはこの報道を否定する声明を発表した。

一方、VW日本法人は来年2月に投入を計画していたディーゼル車の発売時期の見直しを検討している。同社広報によると、投入を予定していた新型車のディーゼルエンジンは不正が発覚したものとは異なる新型で規制を満たしているが、投入時期は「状況を見ながら検討する」という。VWは問題のディーゼル車を日本で正規に販売していない。

<国交省、不正ないか確認へ>

国土交通省は現在、VW日本法人に対し聞き取り調査に入っており、状況が把握でき次第、適切な対応を検討する方針だ。同省によると、個人が米国などから輸入して日本に持ち込んでいるVWのディーゼル車が約230台あるという。また、VWの状況を精査しつつ、今後、国内外の他の自動車メーカーでも同様の不正がないか報告を求めることにしている。

*内容を追加します。

(白木真紀 編集:山川薫)

あわせて読みたい

「フォルクス・ワーゲン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  4. 4

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  5. 5

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    感染リスク高い5つの場面に注意

    赤池 まさあき

  8. 8

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  10. 10

    トランプ氏 逆転攻撃はほぼ不発

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。