記事

北朝鮮「美女ビジネス」戦線が活発化

画像を見る

カンボジアの北朝鮮レストランのウェイトレス

北朝鮮で美女をビジネスに活用する動きが活発だ。その活用ぶりたるや、資本主義国家以上と言っても過言ではない。

北朝鮮当局による代表的な美女ビジネスは、海外で展開する北朝鮮レストラン、通称「北レス」だ。カンボジアのシェムリアップにある「平壌冷麺」で働く「美人過ぎる北朝鮮ウェイトレス」は、韓国のネットユーザーを熱狂させた。

美人過ぎる北朝鮮ウェイトレスは、しばらくして北朝鮮に帰国したようだが、その後に赴任したウェイトレスも、その可憐さで人気を呼び、韓国のインターネットサイトには、ポートレートが多数アップされている。筆者も2014年に同店を訪れたが、確かに、この女性は韓国人の注目を集めていた。

彼女たちのサービスぶりにも、年々変化が起きている。かつては、周りの目を気にしてか、外国人客からの「チップ」を受け取ろうとしなかったが、今では優しい微笑みとともに、自然に受け取るようになった。

こうした動きは海外だけなく、国内にも波及しつつあるようだ。在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)機関紙の朝鮮新報(電子版)は、平壌ホテルのカフェで働くバリスタを紹介している。

美女ビジネスのほとんどは、北朝鮮当局の企画によるものだが、ドンジュといわれる新興富裕層は、新手のビジネスを展開しつつある。

そのビジネスとは「美女洗車サービス」だ。北朝鮮でも、増えつつあるマイカー族をターゲットにした洗車サービスは数年前から広がっていた。これに目を付けたドンジュが洗車ビジネスに参入しはじめたが、差別化を図るため、若い20代美女による丁寧な手洗い洗車サービスを開始。これが人気を呼んでいるという。

女性を利用したビジネスゆえに道義的な批判もあるだろう。しかし、こうしたサービス業で活躍する女性たちが、意外と北朝鮮ビジネスの起爆剤になるかもしれない。

※Yahoo!個人からの転載

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  2. 2

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    トランプ氏の側近3人 暗躍失敗か

    WEDGE Infinity

  4. 4

    タクシーのマスク強制が嫌なワケ

    永江一石

  5. 5

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

  6. 6

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    田代まさし闘病で収監延期の現在

    SmartFLASH

  8. 8

    タワマン強盗の恐怖を被害者激白

    NEWSポストセブン

  9. 9

    橋下徹氏 毎日新聞は訂正すべき

    橋下徹

  10. 10

    鬼滅旋風で頭抱える映画配給会社

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。