記事

空しさしか感じないアベノミクスの新三本の矢

 昨日、安倍総理が記者会見を行い、アベノミクスが第二ステージに入ったことを宣言するとともに、新しい3本の矢の話を行いました。

 「本日この日からアベノミクスは第二ステージへと移ります。」

 どう思います?

 どう思うも何もないですよね。

 私は、空しくなるばかり! これが我々のリーダーなのか!と。

 そもそも、何故昨日から突然アベノミクスが第二ステージに入ったのでしょう? それならそれで、前もって国民に言っておく必要があったのではないでしょうか。

 第二ステージに入ったというのは、自分が自民党の総裁に再任されたからそう言いたかっただけのことではないでしょうか。

 それに、仮に昨日から第二ステージに入ったのだとすれば、第一ステージの総括はどうなったのかと言いたい! 自分たちの掲げた所期の目標は達成できたのか、と。

 その反省というか、総括がなくてどうして第二ステージの方針を立てることができるでしょう。

 何が何でもデフレから脱却することが先決だと言っていたではないですか。そのために2%のインフレ目標を掲げ、日銀に国債をどんどん買い上げさせる、と。

 そうすることによってマイルドなインフレを起こす筈だったのでしょ?

 では、その結果がどうなったかと言えば…

 本日、総務省が8月の消費者物価指数を発表しましたが、それによると前同月比物価は0.1%下落しているのです。

 マイルドなインフレどころか、また物価上昇率はマイナスとなっているのです。

 自分たちが目標とした2%のインフレ率達成は完全に失敗!

 でも、安倍総理は、そんなことは完全にパス。見て見ぬ振りをする、と。と同時に、新しい3本の矢について話をすることによって国民の批判をかわそうとする、と。

 「新しい3本の矢を放ちます。経済政策が第一の矢であります。第二の矢は夢をつむぐ子育て支援であります。第三の矢は安心につながる社会保障の構築です。」

 経済政策が第一の矢なのだとか。でも、普通、経済政策と言えば、財政政策と金融政策が中心となる訳ですから、従来の3本の矢のうちの2本がそこに取り入れられたと考えればいいのでしょうか?

 でも、だとしたら、この第一の矢である経済政策は、新しい矢とは言えません。

 や~ね。

 安倍総理は、経済政策が第一の矢であると言いつつ、GDPを600兆円にすることを目標とすると言った訳ですが…いつまでにその目標を達成するか、そして、どのような手段でそれを実現するかについては何もいっていないのです。

 それって、国民をバカにした話ではないでしょうか。目標というからには期間をはっきりさせるべきなのです。

 それに、今回の新しい3本の矢の話は、論理構成もおかしいのです。

 今までのアベノミクスの考え方というのは、例えば成長率を引き上げるという目標があって、その目標を実現するため、3つの手段を用いるという構成になっていたのです。

 それが、今度の第二ステージについては、今までの大目標が、第一の矢という手段に成り下がっているのです。

 では、第二ステージの大目標は一体何なのか?

 第一ステージの成長率を引き上げるという目標も達成できていないのに、それを一つの手段に格下げしてしまった安倍総理。

 否、違うのです。安倍総理は、成長率を引き上げることを手段に格下げしたのではなく、それはそのまま目標として掲げるとともに、さらに2つの目標を設定したとみるべきでしょう。

 つまり、アベノミクスの第二ステージでいう3本の矢とは3つの目標ということなのでしょう。

 しかし、だったらそれらの目標を達成するための手段を知りたいと思うのが人情。

 新しい3本の矢のうちの1本目の経済成長についてすら目標が達成できる見通しがないというのに、どうやって第二の矢と第三の矢を的に当てるのか、と。具体的に言えば、財源はどうするかなのです。

 要するに財源は限られているのに、国民の目の前に甘いアメをちらつかせるようなことばかりする安倍総理。

 オリンピックに莫大な財源を投入する一方で、どうやって子育て支援や社会保障充実のための財源を確保するつもりなのでしょうか? そもそも、オリンピックがなかったとしても日本の財政はまっかっかなのですから。

 リーダーたる者、自分の発言に責任を持て! と言いたい。

あわせて読みたい

「アベノミクス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    老害タグを茂木健一郎氏が批判

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    電通本社ビル売却検討 何が衝撃?

    かさこ

  3. 3

    高額ギャラ原因?芸能界リストラ

    渡邉裕二

  4. 4

    政治に怒らぬ若者 そのワケは?

    BLOGOS編集部PR企画

  5. 5

    リモートワーク全否定企業が危機

    城繁幸

  6. 6

    給付金は必要 麻生氏発言に抗議

    田中龍作

  7. 7

    独身でいる理由 男女の5割で共通

    ニッセイ基礎研究所

  8. 8

    ポリコレ求める人が無視する事実

    PRESIDENT Online

  9. 9

    コロナより政局に熱心な小池知事

    石戸 諭

  10. 10

    河野大臣は自民の救世主になるか

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。