記事

総理の「お友達」として右派発言連発の補佐官

鹿吉大基=文

憲法改正をめぐって「立憲主義という言葉を聞いたことがない」と言い、安全保障関連法案をめぐっては「法的安定性は関係ない」と言い切った磯崎陽輔氏。結局は国会で発言を撤回して謝罪したが、問題発言を繰り返す磯崎氏に対して、「更迭すべき」と自民党内で不満が渦巻く。東大法学部から自治省(現・総務省)に進んだエリート官僚出身。

初当選は2007年の参議院選挙。当初は目立たなかったが、国家主義的な色彩も強い自民党憲法改正草案の起草で活躍し、頭角を現す。安倍晋三総理のお眼鏡にかなって「お友達」の1人になり、第二次安倍政権で補佐官に起用された。

「安倍さんの欠点は、お友達を切れないこと」とある側近は嘆く。「お友達が安倍さんの本音を代弁しているから切れない」というのが多くの議員の見立てだ。つまり、総理の本音は「憲法よりも総理の決断が優先」ということ。以前、稲田朋美政調会長が東京裁判について「法律的に問題がある」と述べ波紋を広げた。そして、安倍総理も著書の中で「国際法上、事後法によって裁いた裁判は無効だ、とする議論がある」と指摘している。総理が立場上言えない本音を「お友達」が代弁し、右派支持層を引きつける戦略なのだろうか。

磯崎発言が示唆する通り、安倍総理は憲法解釈をあっという間に変えるような独裁的権力を持つ。ある中堅議員はこう分析する。「失言くらいで更迭しないよ。『国民は術中にある』と総理は甘く見ている」。

内閣総理大臣補佐官 礒崎陽輔(いそざき・ようすけ)
1957年生まれ。82年東京大学法学部卒業後、旧自治省に入省。2006年退官。07年参院選に初当選。12年内閣総理大臣補佐官。13年参院選で再選。

あわせて読みたい

「礒崎陽輔」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    テラハ 作り上げたリアルの実態

    浮田哲

  3. 3

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  4. 4

    ブルーインパルスが都心飛行へ

    ABEMA TIMES

  5. 5

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  6. 6

    テラハ問題を理解できぬ若者たち

    NEWSポストセブン

  7. 7

    景気回復の奇策「消費税15%に」

    永江一石

  8. 8

    コロナ抑えたハワイ 店舗も再開

    荒川れん子

  9. 9

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  10. 10

    月に30万円稼ぐパパ活女子の本音

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。