記事

フォルクスワーゲンの排ガス不正は日本にどのような影響を与えるか?

 フォルクスワーゲンの排ガス規制を回避するための不正が問題となっています。

 何でも排ガス規制を逃れるための違法ソフトを搭載した車は1100万台に及び、また、課せられる制裁金は2兆円を超えると言われています。

 2兆円…なんと巨額な制裁金であることか!

 しかし、むしろ驚くべきことは、VWのディーゼル車が排出する排ガスの濃度が規制値の40倍もあるということなのです。

 つまり、規制値の40倍ものNOxを排出している、と!

 私などは車に全く疎いので詳しいことは分かりませんが、しかし、なんとなくドイツの技術は凄いと思い込んでいたのに、実際には基準値をクリアするどころか、その40倍ものNOxを排出するような車しか作れないことを知って驚くばかりです。

 それほどまでにディーゼル車の排出するNOxの量を抑え込むのは難しいことなのでしょうか。

 今やトヨタと車の販売台数世界一を争うフォルクスワーゲンという名門企業の技術力がその程度でしかないのは本当なのでしょうか?

 でも、それが本当であるとするならば、それ以外のメーカーが作るディーゼル車はどうやって規制をクリアしているのでしょうか?

 やっぱり技術力の差なのでしょうか?

 いずれにしても、そのVWが規制当局の目をごまかすため違法ソフトを搭載していたことはさらに驚くべきことなのです。

 つまり、世界中の消費者のみならず規制当局をも騙していた、と。

 よくもそのような大胆なことができたものです。そのような不正がいつか発覚するとは思わなかったのでしょうか?

 東芝の粉飾決算にも驚きましたが、今回のVWの不正は直接消費者を騙すものであるので、さらに悪質だと言うべきかもしれません。

 それに、何故そのような違法ソフトを搭載してしまったのかということも大いに疑問なのです。VWが発表しているように、本当に数人の関係者によって決定されたことなのか、それとも会社ぐるみの行為と見るべきなのか。

 いずれにしても、このニュースが今や世界中を駆け巡っているのでVWのイメージは下がるのみ。

 では、この事件は今後、ライバルであるトヨタ或いは、日本経済にどのような影響を与えるでしょうか?

 VWの人気が落ち、それに伴いトヨタの人気が上がることになるでしょう。特に、VWの市場のシェアが高い欧州において、トヨタや他の日本のメーカーの売り上げが伸びるかもしれません。

 リーマンショック以降、日本の輸出はイマイチ回復していないと言ってもいい状況にありますが、私はその最大の原因は、欧州向けの輸出が奮わないことにあると考えていました。従って、こうしてVWの評価が落ち、それに代って日本車の売れ行きが伸びれば、当然日本の欧州向け輸出も伸びるでしょう。

 また、中国においても、VWの車のクリーン度合いがそれほどまでに低かったのかということが認識されれば、VWの売れ行きは当然落ちる可能性もあると思いますが…

 でも、中国のことですから、ひょっとしたら今回のVWの偽装はそれほど影響を与えない可能性もあるのです。

 他人の失敗で自分たちの評価が上がるのは、イマイチ素直に喜べないところがありますが…しかし、偽装をした責任をVWが取るのは当然のことであるので、ここは何にも考えずに日本車を売り込めばいいだけと考えます。

 いずれにしても、中国との関係強化に努めてきたドイツと、その代表的な企業であるVWが、中国のお株を奪うような偽装に走ったことが偶然の出来事とは思えない気がしてならないのです。

あわせて読みたい

「フォルクス・ワーゲン」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “MMT=バラマキ”という思い込み

    自由人

    01月16日 20:50

  2. 2

    「格別においしいわけじゃない」フランス産ホワイトアスパラが1キロ5000円で売れる本当の理由

    PRESIDENT Online

    01月16日 14:20

  3. 3

    「僕を捨てて」小2で不登校した息子を追いつめた褒める子育て

    不登校新聞

    01月16日 11:41

  4. 4

    津波警報の発令に切り替えた気象庁 臨機応変な対応は見事

    早川忠孝

    01月16日 16:29

  5. 5

    正しく「先送りする力」で高支持率をキープ。岸田内閣の100日間を振り返る

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月16日 09:56

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。