記事

30代でも知らないとヤバイ「認知症の新事実」【2】

「加齢による物忘れ」と「認知症による物忘れ」は全く違う。職場の同僚の発言に「?」となったら、迷わず検査を受けさせよう。「自分はボケてない」との思い込みが「手遅れ」を招くのだ。

※第1回はこちら(http://president.jp/articles/-/16181)

人付き合いがなく趣味がない人もなりやすい

特に問題が見つからなくても、安心してはいけない。3人に1人、4人に1人が認知症になる時代だ。ならば予防はできないのだろうか。

「認知症は、生活習慣病が絡んでいることがわかってきた」と国立長寿医療研究センター内科総合診療部長で老年病専門医の遠藤英俊氏は指摘する。

画像を見る
国立長寿医療研究センター 内科総合診療部長 遠藤英俊氏

「高血圧はそうでない人に比べて約3倍、糖尿病は約2倍アルツハイマー型認知症になりやすいと言われています。高齢で発症しやすくなっているうえに生活習慣病が重なれば、認知症のリスクは高くなります。生活習慣病の予防・治療が結果的に認知症の予防につながるのです。

適度な運動、適切な栄養、知的な活動、社会参加が認知症予防のポイントです。運動は週3回以上、1回30分以上する。ゴルフに行ってもカートに乗らない。自宅でも階段の上り下りができるし、近所の散歩でもいいでしょう。

認知症に直接効く食品はありませんが、生活習慣病予防が認知症予防に役立つという意味で言えば、塩分、脂肪を取りすぎず、青魚や緑黄色野菜を食べる。健康維持や生活習慣病予防に効果的な食事を心がけたいですね」

人付き合いがなく、趣味がない人も認知症になりやすいという。

「なるべく人と関わり、何か熱中できるものを持つことも大切です。計算や日記もいいし、本や新聞、頭を使うゲームもいい刺激になります。仮に友達がいなくても、息子や娘が毎日のように電話をすれば、人と話すことはできる」

遠藤氏によれば、会話をすると脳の血流が増えるという。「ところが、嫌いな人としゃべっても脳の血流はあまり増えない。実際、慢性的な精神的ストレスも脳の血流を悪化させるため、認知症のリスクを高めます」。

では、不幸にして、認知症らしき言動を見つけたときはどうすればいいのか。

「問題行動を指摘しても、本人は『ぼけてない』と言うでしょうね。多くの場合、実際に受診するまでに2、3年かかっています。この足踏みの期間が危ないんです。その間に病気が進行すると薬が効かなくなる。だから早期発見が重要なのです」

ようやく重い腰を上げて受診する気になっても、いい病院は予約でいっぱいだという。

「専門医はだいだい1~3カ月待ちは当たり前です。認知症の診断は30分から1時間程度かけてじっくり行うため、どうしても時間がかかってしまうんです」

すると、今度の夏休みに親を病院に連れていこうと思っても、3カ月待ちと言われて、今度は会社が休めず、「じゃあ次の長期休暇でいいか」というふうに先延ばしにしてしまう。

「3カ月くらいで病気が進行するわけではないが、半年だと多少変わる可能性がある」

だからこそ、早期発見・早期治療が大事なのだ。

「おかしいなと思ったら、迷わず各市町村にある地域包括支援センターに相談してください。ここは福祉のコンビニと言われていて、専門医も紹介してもらえるし、どう対応すればいいのか相談に乗ってくれます」

画像を見る
「G8認知症サミット」。認知症は世界的な課題に。

もちろん、自分でも調べることはできる。

「日本認知症学会のウェブサイトには、専門医の一覧がある。また、全国に300ほどある認知症疾患医療センターで受診するのもお勧めです」

本人がすんなり診察を納得してくれれば苦労はないが、なかなか病院に行こうとは切り出しにくいもの。妙案はないか。

「例えば配偶者が『私が診てもらうので一緒に来て』と言って、ついでに診てもらう手があります。役所から健康診断の通知があったと言って連れていくのもいいでしょう」

まさかと思わず、きちんと専門医の診療を受けること

ここまで老親の認知症を取り上げてきたが、実は若年性の認知症もある。職場の同僚にも十分に起こりうる病気なのだ。

「65歳未満の認知症を若年性認知症と言い、4万人はいると見られます。男性患者数が女性の2倍近くいることも特徴です。50代でも数%はいますから、大会社なら社内に患者がいても不思議ではないんです」

しかも若年性は病気の進行が速いという。

「ところが本人も周囲も様子を見ようとするため、受診が手遅れになりやすいのです。また、鬱病と誤診されることも多いですね。実際、会社で見られる症状としては、鬱になる、予定や約束を忘れる、伝言が伝わらない、仕事をミスする。本人も失敗を隠そうとするので元気がなくなり、性格も変わってきたり、言葉数が減ったりする。元気だった明るい人が無口になったり、飲み会に来なくなったり。それが最初のシグナルです」

そこで上司や同僚の勧めで診療所に行っても発見できないことが多い。

「会社の診療所では、大体鬱病と診断されて薬を出される。半年経っても変わらないために、これはおかしいとなる。そこでようやく専門医で認知症と診断されることが多いですね」

若年性は進行が速いだけに、周囲が気付いたら専門医での受診を勧めてあげたい。本人もまさかと思わず、きちんと専門医の診察を受けることが大切だ。

若年性ということは、今これを読んでいるプレジデント読者も世代的には当てはまる。何か簡単なセルフチェック方法はないか。

「なかなか難しいですが、逆さ言葉を言うとか、野菜や動物の名前をたくさん言ってみる。30秒で13個以上言えるか。8個なら危ないですよ。また、例えば『桜』『猫』『電車』の3単語を覚えて、数分後に思い出せるかどうかも目安にはなる」

若年性は、自分自身も予備軍なのだと理解しておきたい。

さて、実際に老親が認知症と診断されたらどうすべきか。特に“遠距離介護”は大変だ。

「田舎から息子や娘の家に親を呼び寄せても、よくなることはないんです。例えばお嫁さんとの関係が悪いとよけいに悪化する。環境が変わって友達がいない、畑がないといったことが大きなハンディになります。

軽度のうちは田舎で暮らしてもらったほうがいい。もちろん、軽度とはいえ1人にするのは何かと心配でしょう。

だから地元の人たちを味方につけるんです。『最近、物忘れが出てきて困っているので、ちょっと声をかけてやってください』『ときどき様子を見てください』とお願いするのです。新聞配達のおじさんでもヤクルトのおばさんでもいい。宅配方式の食事を頼めば、栄養バランスも取れて、毎日の安否確認にもなる。

近所に友達が3人いるなら、例えばAさんには月曜、Bさんには水曜、Cさんには金曜だけ見にいってほしいと菓子折りを持っていって頼むだけで、週の半分は何とかなる。

とにかく、ありとあらゆる形でコンタクト数を増やすことです」

また、最近では、小規模多機能ホームという制度もある。要介護の高齢者が自宅で生活を続けられるように、通い、泊まり、訪問の3種のサービスを組み合わせて利用できる在宅介護サービスだ。

「来週だけ泊まりということもできる。薬の服用状況を確認するサービスもある。24時間体制なので、安心して在宅生活が送れる」

ついこの間まできちんとしていた親が突然、ずぼらになったり、失敗を繰り返したりするようになると、子供としてはどうしても感情的に怒ってしまいがちだ。

「怒ってはいかんのです。笑顔で接すること。怒ればよけい症状が悪くなります。日付を間違えても、大丈夫なのかよなどと追及しない。病気なのだから、症状として受け止め、冷静に物事を見る姿勢が大事です」

誰が見ても認知症といえる状態になってからでは遅い。少しでも気になることがあったら、すぐに診断を受けさせる。少しでも病気の進行を遅らせることができるのなら、それも我々にできる親孝行の一つといえるだろう。

国立長寿医療研究センター 内科総合診療部長 遠藤英俊
1982年、滋賀医科大学卒業。87年名古屋大学医学部大学院修了。総合病院中津川市民病院内科部長、国立療養所中部病院内科部長などを経て現職。著書に『地域回想法ハンドブック』(河出書房新社)、『やさしい患者と家族のための認知症の生活ガイド』(医薬ジャーナル社)など多数。医学博士。老人病専門医。

あわせて読みたい

「介護」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    堀江氏 餃子店1千万円支援に苦言

    女性自身

  2. 2

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  3. 3

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

  4. 4

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    年末年始「17連休案」空振りの訳

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    若者の提案に上司「立場を失う」

    文春オンライン

  7. 7

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    田代まさし闘病で収監延期の現在

    SmartFLASH

  9. 9

    誤報訂正せず 毎日新聞社に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    トランプ氏の側近3人 暗躍失敗か

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。