記事

ジェネレーションZの台頭と投資戦略

週末のニューヨーク・タイムズがジェネレーションZに関する長尺記事を掲載しました。

そこで今日はジェネレーションZとは、一体、どういう世代で、それが株式投資にどう影響してくるのか? について書くことにします。

まずジェネレーションZの定義ですが、現在、0歳から19歳の世代を指します。

ちなみにそれ以外のアメリカの世代区分は、こうなっています:

ジェネレーションZ 0歳~19歳 
ミレニアルズ 20歳~37歳
ジェネレーションX 38歳~49歳
ベビーブーマー 50歳~68歳
スイング 69歳以上

それぞれの世代が米国の人口の何%を占めているかは下の通りです。

リンク先を見る

すでにジェネレーションZは最大勢力です。

調査会社、スパークス&ハニーによると、ジェネレーションZは9・11テロの後で育った関係で、景気後退の中、両親がやりくりして自分を育ててきた現実を認識しており、また社会には不確実性や事件がつきものだということを目の当たりにしています。

したがってジェネレーションZが最も気にかけていることは安全、ないしは無難ということです。彼らは若者にありがちな無茶や衝動的行動を慎む傾向があり、その結果、殴り合いの喧嘩をしません。未成年の妊娠率は急低下しています。また飲酒、タバコ、マリファナなどを試す青少年は減少中です。

ジェネレーションZは、何もないところから工夫したり、足らないところをやりくりする能力が高いです。

ジェネレーションZは、終身雇用に代表される、伝統的価値観が既に崩れ去ったことを痛感しており、これまで成功への道だと教えられてきた人生の選択肢が、必ずしも幸福を保証しないことを事実として受け止めています。

ジェネレーションZは、モノの値段を知りたがり、コスパに敏感です。また経済に対する関心が強いです。彼らはショッピングモールに行かず、殆どの買い物をネットショッピングで済ませます。

ジェネレーションZはアントレプレナーがフェイスブックやスナップチャットに代表されるような大成功を収めたことを目の当たりにしているので、自分で何かはじめることが成功への道であると信じています。

自分で何かをはじめることに、学校教育がどれだけ準備の機会を提供してくれているかに関心があり、そのために必要なお金に関する知識や投資に関する知識の取得にも積極的です。

彼らはそのような知識の大半をネット上で探してきます。

またソーシャル・メディアをリサーチ・ツールとして活用します。

彼らの注意力はとても短く、数秒に過ぎません。その関係もあり、動画や画像によるコミュニケーションを多用し、長文やテキストは苦手です。

ジェネレーションZはネット上でのあらゆる行為が後々足跡として残り、災いのタネになることを熟知しているので、Facebookのような、オープンなアイデンティティのSNSは敬遠します。すぐに消えるスナップチャットのようなサービスを好みます。その関係で、スマホのジオロケーション機能はOFFにしています。

彼らはFOMO(fear of missing out=仲間のやっていることや関心事の蚊帳の外に置かれる事)への不安が強いです。

パーソナル・ブランディングの概念についてもよく認識していますが、自分のなにもかもを晒すのではなく、イメージのコントロールに細心の注意を払います

ジェネレーションZはスクリーンをにらめっこしている時間が他の世代に比べるととても長く、常時、5つ程度のスクリーンを使いこなせます。

それはジェネレーションZが運動不足で、肥満体質が多いことを意味します。同時に、食べ物に対する関心が高いです。

最近、アメリカではヒスパニックの人口が急増しています。また黒人と白人の血が混じった子供など、人種的な混合が進んでいます。それらのトレンドは、文化や社会問題に対しても今までとは違う態度を急速に押し進めており、その結果、同性結婚の容認やジェンダーの曖昧さに対する理解などはものすごいスピードで変革しています。

マルチ・カルチャー、混血などのバックグラウンドは、社会でハンデになるのではなく、成功を収めやすいパターンになりつつあります。

ミレニアルズを代弁するTVドラマが『ガールズ』であるのに対し、ジェネレーションZのそれは『モダン・ファミリー』です。

ファッションではミレニアルズはオルセン姉妹がアイコンであるのに対し、ジェネレーションZはタヴィ・ゲヴィンソンを参考にします。

憧れの大学はミレニアルズがハーバード大学(=Facebookが創業された)であるのに対し、ジェネレーションZはUCLA(=社会貢献、ダイバーシティ、オシャレさ)というわけです。

彼らのそのような傾向は、YouTubeやSnapchat、Whisper、GoProなどのサービスが人気になることを示唆しています。

またOculus Riftやドローンなども彼らに適合したテクノロジーと言えます。

クルマの運転などはだんだん下手になっており、方向音痴もひどくなっているので、自動運転車なども人気になると考えられます。

【関連銘柄】
グーグル(GOOGL)=YouTube
ゴープロ(GPRO)
フェイスブック(FB)=Oculus Rift
アンバレラ(AMBA)=ドローン
モービルアイ(MBLY)=自動運転車

あわせて読みたい

「アメリカ経済」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「有事の宰相」としてはふさわしくない菅首相

    舛添要一

    05月16日 08:27

  2. 2

    100円が2070万円に…GⅠ史上最高配当が飛び出した2015年ヴィクトリアマイルの大波乱

    村林建志郎

    05月16日 07:59

  3. 3

    ヒートアップする言論、スルーする回答

    ヒロ

    05月16日 10:41

  4. 4

    結局、政府がやってるのは楽で目立つところだけ。やるべきことはみんな置き去り

    青山まさゆき

    05月16日 08:18

  5. 5

    「緊急事態でも通勤ラッシュは三密状態」日本人が自粛をしなくなった本当の理由

    PRESIDENT Online

    05月15日 11:42

  6. 6

    「日本式の漫画は韓国・中国に惨敗」『ドラゴン桜』のカリスマ編集者が挑む"ある試み"

    PRESIDENT Online

    05月16日 15:26

  7. 7

    河野太郎氏 自動車の住所変更オンライン手続きに特例創設

    河野太郎

    05月16日 09:22

  8. 8

    できない言い訳ばかりの政府、恐怖煽るマスコミ…情けない日本のコロナ対応に怒り

    青山まさゆき

    05月15日 09:28

  9. 9

    やはり政府が決定権を持つ蔓延防止措置は役立たずだった - 5月14日のツイート

    橋下徹

    05月16日 15:47

  10. 10

    「IOCは今後、五輪ができなくなる」舛添氏、日本が中止に言及した場合のIOC対応に注目

    ABEMA TIMES

    05月16日 18:36

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。