記事

憲法9条は渡さない/映画人らがシンポ/東京

画像を見る

 映画上映とシンポジウム「映画監督と時代〜戦争法案を廃案に!」が19日、東京都内で開かれ、立ち見も出る150人近くが参加しました。映画監督協会の有志による「自由と生命を守る映画監督の会」が準備を重ねて開催したもの。

 主催者代表の仲倉重郎監督が、「法案は成立してもあきらめてないよ、の宣言としてこういう会を開くことができてうれしい」と開会あいさつ。被爆の惨状を描いた関川秀雄監督の映画「ひろしま」(53年)を上映したあとのシンポジウムで、大林宣彦監督は「9月19日は、日本の歴史の中で大変重要な忘れてはならない日です。ここから始まりです。私たちの声を聞く人を選ぶのが私たちの責任。憲法9条は、日本だけが持ち得る奇跡。引き渡してはいけない」と語りました。

 アニメーション映画監督の杉井ギサブローさんは「安保法制は戦場に若い人を送るもの。ごうまんな政権をなんとかしなければ」と発言。「安保体制をやめないと日本は独立できない」(松原信吾監督)、「私たちは要求し続け、憲法を守る不断の努力を」(シールズの是恒香琳さん)、「アンチ安倍勢力が一つになってほしい」(小中和哉監督)などの声が相次ぎました。

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    話題のSIMなしスマホが技適通過

    S-MAX

  2. 2

    日本より徹底 北の韓国無視戦術

    高英起

  3. 3

    未だに処理水批判する韓国の悲愴

    自由人

  4. 4

    大人の3割に「愛着障害」の傾向

    幻冬舎plus

  5. 5

    大谷がヒザ手術 二刀流は無理か

    幻冬舎plus

  6. 6

    君が代独唱 平原綾香に称賛の声

    女性自身

  7. 7

    山本太郎氏を直撃 極左との関係

    文春オンライン

  8. 8

    米国識者 GSOMIA破棄は「自害」

    高英起

  9. 9

    少年マガジンからグラビア奪うな

    倉持由香

  10. 10

    山本太郎氏は知事選出馬をするな

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。