記事

9月18日(金) ムネオ日記

 テレビ・新聞のニュースは、参議院特別委員会における強行採決を大きく扱っている。

 新聞の写真を見る時、「これはどこでどんな人たちが騒いでいるのか」という「良識の府」とはかけ離れた姿である。

 「採決」をしたと与党は言うが、テレビ中継を見る限り、委員長の声は聞こえてこない。いや、発言したかどうかも全く伝わってこない。

 民主主義は多数決で決まって行くが、あわせて民主主義は少数の意見、声も尊重し、議論に議論を尽くしていくのがルールである。

 何百時間審議したと与党は言うが、各種世論調査で8割以上の人が慎重審議を求めていた。

 さらに今国会での安全保障関連法案の成立を65%の人が急ぐべきではないという声であった。

 どうして国民の声に聞く耳を持たないのか。何も急ぐことのない一分一秒を争う法案ではないのにこうした強行採決をするのか不思議でならない。

 27日が会期末で時間がないというなら、土日祝日返上してでも審議をするのが国会議員の使命でないか。

 国会議員としての基本を忘れて数の力で上からの押し付けるやり方は正しい民主主義ではない。「どこかで必ず鉄槌が下りますよ」という囁きが聞こえてくるようである。

 野党も本当に反対というなら議員辞職をする位の決意と覚悟を持って対処すべきである。

 普通のやり方では数で押し切られてしまう。国民の声を背に野党議員全員バッチを外し議員辞職したなら国民が黙っていないだろう。

 政治家の魂を国会議員どこまで持っているのかと思うのは私一人だけだろうか。

 18時から「鈴木宗男を叱咤激励する会」が行われるので、準備の為、ホテルに向かう。

 詳細については明日読者の皆さんにご報告申し上げたい。

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。