記事

ドル119円半ばに弱含み、FOMC後の株安受け

[東京 18日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の119円後半だった。前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げが見送られ、ドル/円は方向感を失っている。日経平均株価は安く推移し、ドル/円の上値追い機運は高まらなかった。

FOMCの結果を受け、ニューヨーク市場ではドルが全面安となったが、東京市場でも上値が重く、神経質な値動きとなった。朝方120.10─20円台でもみ合っていたドル/円は、午前9時半過ぎに119.65円まで下落。しかし、その約1時間後には120.42円まで急伸した。

急伸のきっかけは、資本筋とみられるドル買いだとされるが、ドルの上げ幅はフローの大きさに比例したものではなく、上昇過程でディーラーのストップロスを巻き込んだことや、アルゴリズムの買い戻しが作動したことなどで拡大したという。

ただ、上昇の動きは一時的で、ドルはその後間もなく119.85円付近まで急反落した。

午後の取引は主体性を欠き、日経平均と歩調を合わせるような形でじりじり値を下げた。株価が大引けにかけて350円超に下げ幅を拡大すると、ドル/円は119.64円まで下押しされ、この日の安値をつけた。

FOMC声明文やイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の会見について、年内利上げ実施の可能性は残されているとの見方がある一方、「結局、永久に利上げできそうもないことがはっきりした」(邦銀筋)という意見もあった。

海外時間に向けては、欧米株式市場の動向に関心が向いており、「欧米で株価が落ちるとリスクオフの流れになり、来週は東京勢が連休でいない中、ドル/円は円高で推移するかもしれない」(国内金融機関)との声が出ていた。

ドル/円<JPY=>  ユーロ/ドル<EUR=>  ユーロ/円<EURJPY=>

午後3時現在 119.69/71 1.1410/14 136.58/62

午前9時現在 120.14/16 1.1400/04 136.97/01

NY午後5時 120.01/03 1.1434/36 137.18/22

(為替マーケットチーム)

トピックス

ランキング

  1. 1

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  2. 2

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  3. 3

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  5. 5

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

  8. 8

    新聞読むは32.7% 18歳の意識は

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  10. 10

    処理水見送りにみる菅首相の気質

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。