記事

3~6月はほぼ日銀のみが国債買い越し

9月17日に日銀は2015年4~6月期の資金循環統計(速報)を発表した。これによると6月末の家計の金融資産は1717兆645億円と3月末の1700億1116億円(確報)を上回り、過去最高を更新した。

 資金循環統計を基に2015年6月末時点の国債保有者別の残高と全体に占める割合を算出してみた。ただし、これは国庫短期証券を含んだものではなく、国債・財融債のみの数値を個別に自分で集計し直したものである。また、3月末との比較においては3月末の確報値を用いている。

 6月末の国債(国債・財融債のみ、国庫短期証券を除く)の残高は、8853兆1175億円と前回の3月末から2兆432億円増加した。国庫短期証券を加えると6月末の国債の残高は約1037兆円となる。日銀の資金循環統計の数値は額面ベースではなく「時価ベース」となっている点に注意いただきたい(財務省の国債残高などは額面ベースが多い)。

民間預金取扱機関 259兆9031億円(3月末比-11兆6641億円)、29.4%(3月末30.7%)
民間の保険・年金 232兆0262億円(同-1兆2285億円)、26.2%(同26.4%)
日本銀行 245兆3304億円(+20兆3821億円)、27.7%(同25.5%)
公的年金 52兆7834億円(-1兆3600億円)、6.0%(同6.1%)
海外 41兆5808億円(-1兆7926億円)、4.7%(同4.9%)
投信など金融仲介機関 25兆5238億円(-7525億円)、2.9%(同3.0%)
家計 15兆4078億円(-1兆4777億円)、1.7%(同1.9%)
財政融資資金 74億円(-492億円)、0.0%(同0.0%)
その他 12兆7546億円(-143億円)、1.4%(同1.4%)

 3月末に比べて、残高が増加していたのは上記の区分によると日銀だけである。3月末比で20兆円を超える増加となっている。銀行などが売却した分をすべて日銀が吸い上げ、さらに全体の増加分も日銀がカバーした構図になっている。

 もう少し細かい区分でみてみると、民間預金取扱機関のうち国内銀行(都銀・地銀)が5兆792億円の減少、中小企業金融機関等が6兆3881億円の減少となっていた。今回もゆうちょ銀行の減少分が大きかったのではないかとみられる。

 公的年金は1兆3600億円の減少となった、GPIFの運用見直しによる売却はある程度一巡したとみられるものの、まだ国債の売却を進めているようである。

 海外投資家は1兆7926億円の減少となった。海外投資家の長期国債のシェアは4.7%。国庫短期証券を含んだ数字で見ると全体の9.2%のシェアとなり3月末の9.4%から減少した。日銀は国庫短期証券を含んだシェアは28.5%となっており、国債全体の三分の一近くを保有していることになる。

あわせて読みたい

「国債」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  2. 2

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  3. 3

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  4. 4

    詐欺が増加する不動産取引 司法書士はリスクに見合う仕事なのか

    内藤忍

    09月27日 15:28

  5. 5

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  6. 6

    次の総理・世論調査 「立憲支持者も河野1位」の驚愕

    田中龍作

    09月27日 14:50

  7. 7

    世襲だらけの非自由非民主党の総裁選は選挙の顔で選ぶのか

    篠原孝

    09月27日 18:40

  8. 8

    TPPの厳しいハードルを迅速にクリア出来るのは中国か?台湾か?

    船田元

    09月27日 14:56

  9. 9

    緊急事態宣言とまん延防止措置、30日で全面解除の方針固める 政府

    ABEMA TIMES

    09月27日 20:09

  10. 10

    【読書感想】スポーツとしての相撲論 力士の体重はなぜ30キロ増えたのか

    fujipon

    09月27日 11:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。