記事

中国が深夜に異例の文書公表、市場開放促進強調

[北京 17日 ロイター] - 中国共産党と国務院(内閣に相当・直属機関)は、政策スタンスを総括する文書を共同で公表した。

中国政府が深夜にこうした文書を明らかにするのは異例で、新華社のほか、中央政府のウェブサイトを通じて公表された。

文書は、外資の投資規制から自由貿易試験区、国内企業の海外進出促進など多岐にわたり言及する一方、市場開放へのコミットメントを強調する内容となった。

前文では「わが国の改革・開放は新たな出発点に立っており、経済構造の大幅な調整、および改革、経済発展の一体的な促進は新常態(ニューノーマル)に入った」と指摘した。

また個人と組織の双方に、一段の経済開放の指針に沿うよう求めた。

その他、中国は国内外の需要、貿易で均衡を目指すとともに、海外から投資を呼び込み、海外へも投資を行なうとあらためて表明。国際収支については、段階的な均衡を目指すとした。

トピックス

ランキング

  1. 1

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  2. 2

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  3. 3

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  4. 4

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  5. 5

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  6. 6

    「特攻」冬の発熱対応に医師嘆き

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

  8. 8

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  9. 9

    日本のデフレ病を誤解する政治家

    自由人

  10. 10

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。