記事

「自民党が死んだ日」参院安保特での強行採決を受けて、山本太郎代表

画像を見る


山本太郎代表は9月17日、参院安保特別委員会で与党が強行に採決を行ったことについて、記者団の質問に答えました。山本代表は、鴻池委員長が与党議員に囲まれ、委員席を目視できない中で採決が強行されたことに対して「あのような状況の中で法案が可決されたということはあり得ない」「この国、特に永田町には民主主義が根付いていないことを再認識しました」と与党の暴挙を痛烈に批判しました。

今後の対応については、「やれることは限られています。先輩方と話ししながら阻止もしくは政府与党の酷さが皆さんに伝わるような方法を考えていきたい」と述べました。また、喪服を着ている理由について「自民党は憲法解釈で憲法破壊を行った。まさに自民党が死んだ日である。喪服を着て参院本会議に臨む」と答えました。

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国国防の嘘を世界に発信すべき

    赤池 まさあき

  2. 2

    交渉拒む韓国 反撃するしかない?

    MAG2 NEWS

  3. 3

    恋愛禁止の崩壊が招いたNGT事件

    小林よしのり

  4. 4

    よしのり氏 文春はNGT運営に忖度

    小林よしのり

  5. 5

    韓国への防衛協力を即時停止せよ

    和田政宗

  6. 6

    韓国が協議非公開破り事実捏造も

    城内実

  7. 7

    堀江氏も敵視 急な電話は非礼か

    キャリコネニュース

  8. 8

    SPA!に抗議した女子大生は危険

    小林よしのり

  9. 9

    南北朝鮮が東京五輪ボイコットも

    天木直人

  10. 10

    就職後も残る学歴コンプレックス

    不登校新聞

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。