記事

ネット国勢調査にご協力を

現在「国勢調査」が実施されてます。

5年に1度、10月1日を調査期日として全ての世帯・人を対象に行われます。統計法に基づいて行われる国の最も重要な統計調査です。

今回の国勢調査の特徴は、インターネット回答の全面導入にあります。初めて全国すべての市町村で導入されたことになります!

皆様には電子版「スマート国勢調査」への参加を促しています!

インターネット回答は、10月1日の調査期日より前に先行して行われます。既に各世帯に調査員がインターネット回答用のIDを配布しているはずです。このIDを入力してもらうわけですが、PCだけではなく、スマートフォンやタブレットからも回答できます。

期限は9月20日(日)までです。

http://kokusei2015.stat.go.jp

「インターネットによる国勢調査」上位国

韓国  約840万世帯
カナダ 約720万世帯
英国  約370万世帯

今回の調査では約1,000万世帯のインターネット回答を想定しています。すなわち世界一のインターネット調査を目指しているのです!

従来の用紙を使った調査員による調査は、インターネット調査に応じてくれた世帯を除いて行われます。従ってインターネット回答が多ければ多いほど、調査の費用は安くなりますし、集計もより早く正確になります。

ちなみに今回の国勢調査を5年前と同じやり方で実施した場合の予算見積額は689億円でした。
システム構築などに49億円かけてインターネット調査を導入することで、68億円の削減効果を生み出し、結果として平成27年国勢調査費は670億円となりました。

システム構築費は次回から不要となりますので、電子調査が普及すればするほど行政経費が削減できます。また、今回のシステム構築のノウハウは他の電子調査の参考にもなり、他の電子統計システム構築予算の軽減にもつながります。

皆様のご協力をよろしくお願いします!

※インターネットで回答が無かった世帯にのみ、9月30日までに調査員が調査票を配布します。調査票に回答を書き込み、10月7日までに郵送又は調査員に提出してください。

あわせて読みたい

「国勢調査」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  2. 2

    ヌード講座判決 賠償命令の背景

    町村泰貴

  3. 3

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  4. 4

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  5. 5

    音喜多氏がみた辻元議員のズルさ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  7. 7

    岩田健太郎医師のGoTo批判に疑問

    かさこ

  8. 8

    フォロワー160万人 AV女優の戦略

    NEWSポストセブン

  9. 9

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  10. 10

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。