記事

横浜の公聴会 与党推薦の公述人は軍事オタクなの? 狂気の時代に突入

 9月16日に横浜で行われた地方公聴会ですが、これ自体、さっさとやって採決したいということのために手近な横浜で行われただけですが、そこでの与党推薦の公述人たちは、結局、軍事的な視点でしか語りません。

伊藤俊幸前海上自衛隊呉地方総監
 中国による海上進出が活発化、現状を変更しようとする他国の意思をくじくためのものだ。抑止力の強化だ。

渡部恒男東京財団上席研究員
 日本を取り巻く環境を安定させ侵略のリスクを減らすのが目的だ。日本の限られた防衛力だけでは安全守れない。

 この人たちの発言を見ていると、戦争法案って一体何なのかと思いませんか。
 このままだと日本が侵略されてしまう??
 中国の海洋進出をこの戦争法案が成立すれば抑えられる?? 

 中国や北朝鮮の軍隊が日本本土に侵攻してくるなんて、本気でそのようなことを信じているんでしょうか。
 この戦争法案が成立しようがしまいが、それで中国の行動が抑制されるはずもないでしょうに。

 とにかく一刻も早く南スーダンで駆け付け警護がしたい!
 実績を作りたい。
 いよいよ武装組織たる自衛隊が、軍隊としての本領を発揮したいという制服組の長年の悲願と、戦前回帰を夢見る安倍氏、常任理事国入りしたい外務省の思惑などが交錯しているわけです。
 これら色々な思惑だけで国民にとっては何のメリットもない戦争法案をデタラメなプロパガンダで押し進めようとする、そして、政権は歯止めも抑制もきかなくなり暴走していくのです。
 まさに狂気に満ちた時代が目前に迫っています。

あわせて読みたい

「安全保障法制」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  5. 5

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

  6. 6

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  7. 7

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    TBS番組が伊藤健太郎逮捕で誤報

    女性自身

  9. 9

    相次ぐ「GoTo外し」観光庁に疑問

    木曽崇

  10. 10

    任命拒否 提訴できず手詰まりか

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。