記事

スマホの次って、ひょっとしてロボット?

 「スマホの次は何になるんでしょうね」という質問をよく受ける。スマートフォンはいずれ一人一台にまで普及するだろう。過去にここまで広く普及した電子機器、家電製品は存在しなかった。当然、社会に与えるインパクトも大きい。

 同様もしくはそれを超えるようなインパクトを持つ製品って何なんだろう?そんなものが今後登場してくるのだろうか?そういう意味の質問だと思う。

 この問いに関してこれまで僕は「スマホほど普及して社会にインパクトを与えるような製品は、もう出てこないかもしれませんね」と答えてきた。われわれはどうしても過去の延長線上に未来を予測しようとする。パソコン、スマホと来たのだから、次も何らかのコンピューティングデバイスになるのではないか、とどうしても思いがちだ。

 しかし「スマホ+クラウド」のパラダイムの次は「IoT+人工知能」のパラダイムになるはず。(関連記事:「人工知能が急に進化し始めた!」 )。 

 そしてその「IoT+人工知能」のパラダイムにはスマホのような中核デバイスは存在しないのではないかというのが、僕の予測だ。IoTとは文字通り、ありとあらゆるものがインターネットにつながるという話。社会全般、経済全般という非常に広い範囲の話なんで、1つのデバイスが核になることなどありえないと思うからだ。

 ただ「スマホの次は何か」という質問が、「次の中核デバイスは何か」という意味の質問ではなく、「スマホ並みに大ヒットするデバイスとは何か」という意味であるのなら、何らかの答えはあるかもしれない。

 つまり一人一台にまで普及するデバイスが出てくるのかどうか、という話だ。

 最近、ソーシャルロボット周りの取材を続けているのだが、ロボットってそう遠くない将来に一人一台にまで普及するのではないかと思うようになってきた。


 というのは、1つには人工知能が進化し、その結果バーチャルアシスタントと呼ばれる領域の競争が激化している、という背景がある。バーチャルアシスタントの5強と呼ばれるのが、Appleのsiri、GoogleのGoogleNow、AmazonのAlexa、MicrosoftのCortana、FacebookのMだ。

 こうしたバーチャルアシスタントがサードパーティ向けに公開されるようになってきているので、今後こうしたバーチャルアシスタントを搭載したロボットが次々と登場するのではないかと思う。(関連記事:「ソーシャルロボット百花繚乱時代に」)。

 問題はその後。ロボットに搭載されることで、人間との対話記録というデータが次々と蓄積され、その結果人工知能はますます「賢く」なっていく。「賢く」なっていけば、人間がますますいろいろなことをロボットに打ち明けるようになるだろう。有力ロボット開発ベンチャーのヴイストン株式会社、大和信夫氏は、ロボットは人間の親友になり、やがては分身のような存在になると指摘する。(関連記事:3年後、ロボットは親友になり、やがて分身になる)。

 そうなると一人一台にまで普及するのだという。確かに親友のような存在になるのなら、一人一台は必要だ。

 大和氏はさらに気になることを指摘する。「ロボットと10年以上暮らしてきた経験から言えば、ロボットが人間にとってかけがえのない存在になることは間違いない。断言できます」。

 確かにソニーの犬型ロボットAIBOのメーカー保守期間が終わったことで、AIBOの持ち主たちが困っているという話をよく耳にするようになった。AIBOの葬式や供養が行われたりもするようだ。

 人間がそこまでの愛着を家電製品や電子デバイスに持ったことがあるだろうか。

 台数では、ロボットはスマホ並みに普及する可能性がある。しかし愛着では、ロボットはスマホを大きく超える存在になる可能性がある。

 社会に与えるインパクトは、スマホどころではないかもしれない。どのようなインパクトになるのか。現時点では想像もつかない。近未来に向けた社会変化のシナリオを読むためにも、僕自身今後ロボットには積極的に関わっていきたいと思う。


【お知らせ】 この記事はBLOGOSメルマガ「湯川鶴章のITの次に見える未来」の無料公開分の記事です。 少人数勉強会TheWave湯川塾30期のテーマは「ソーシャルロボット」です。

あわせて読みたい

「ロボット」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    蓮舫議員が炎上 選手応援と五輪運営批判は両立すれど行き過ぎれば非難殺到もまた当然

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月25日 21:53

  2. 2

    ファクターX 新型コロナワクチン副反応が日本で少し強いのはこのため? 日本のファクトを!

    中村ゆきつぐ

    07月25日 10:34

  3. 3

    中田敦彦氏、出版社抜きで電子書籍Kindle出版!著者印税は7倍に!出版社スルー時代の契機になる

    かさこ

    07月25日 08:41

  4. 4

    大坂なおみの聖火最終点火に感じた「逆方向の政治的なバイアス」

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月25日 08:28

  5. 5

    五輪開会式でNHKアナが台湾として紹介したことに波紋 中国国政メディアは抗議せず

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    07月25日 14:40

  6. 6

    現職の横浜市長が任期途中に急きょIR誘致を表明 反対する3つの理由

    松沢しげふみ | 参議院議員(神奈川県選挙区)MATSUZAWA Shigefumi

    07月25日 19:48

  7. 7

    新入社員の不自然な3連続「忌引」 相次ぐ親戚の“危篤”に職場困惑

    キャリコネニュース

    07月25日 14:06

  8. 8

    東京都心部の不動産を物色する中国人 入国できなくてもリモート投資を続けるワケ

    NEWSポストセブン

    07月25日 09:04

  9. 9

    五輪応援?五輪反対?も五輪五輪ってうぜえんだよ!っていう五輪無関心派がいること忘れずに

    かさこ

    07月25日 21:12

  10. 10

    今でも続く「小池旋風」は東京都の必然だったのか - 吉田哲 (Wedge編集部員)

    WEDGE Infinity

    07月25日 16:30

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。