記事

米ファストフードの「脱抗生物質」進まず=消費者団体

[ロサンゼルス 15日 ロイター] - 米ファストフードチェーン大手の多くが、抗生物質を日常的に与えられた家畜の肉を店舗で提供していることが、消費者団体のまとめた最新レポートで指摘された。レポートは、多くの企業が「脱抗生物質」に向けた具体的な計画をまだ定めていないと結論づけた。

サンドイッチチェーンのサブウェイ、コーヒーチェーンのスターバックス、ヤム・ブランズ傘下のケンタッキー・フライド・チキン(KFC)、ピザチェーンのドミノ・ピザなどの外食大手が、15日発表のリポートで「F」ランクに格付けされた。

背景には、ニワトリなどへの抗生物質の過剰投与により、薬剤耐性菌「スーパーバグ」が生まれることへの懸念が高まっていることがある。

これに対し、抗生物質の使用を厳しく制限しているメキシコ料理チェーンのチポトレ・メキシカン・グリルやベーカリーカフェチェーンのパネラ・ブレッドは、「A」ランクに格付けされた。

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    「官邸TV監視」赤旗スクープ称賛

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  5. 5

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  6. 6

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

  7. 7

    石破茂氏は自民党に収まりきれぬ

    早川忠孝

  8. 8

    岡村隆史が結婚「素敵な方です」

    ABEMA TIMES

  9. 9

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。