記事

<鬼怒川決壊・最前線の救出活動>自衛隊の「いのちを守る活動」にこそ敬意

榛葉健[ テレビプロデューサー/ドキュメンタリー映画監督]

***

「50年に一度」の豪雨で茨城県常総市で鬼怒川が決壊し、更に豪雨の被害が栃木県、宮城県などにも広がり、7人の方が亡くなり、15人が行方不明になっている(9月13日現在)。

今回、自衛隊などによる空からの救出が、長時間テレビで中継され、誰もが固唾をのんで見守った。

そのヘリコプターにとって一番危ないのは、回転翼が架線に引っかかること。巻き込めば墜落につながる。若い頃私も撮影でヘリに乗る機会が多く、低空飛行の許可を得て撮影する時パイロットが綿密な飛行計画を立てていたことを思い出す。

今回、電線の合い間を縫うように長時間ホバリングをしながら、流されかけた家に孤立する住民を次々救出した自衛隊のヘリは、大変難しい動きだったはずだ。しかも今回は、現場を下見して飛行計画を立てることなど出来ない「ぶっつけ本番」だけに、いっそう難易度が増す。

筆者もかつて山岳地帯で許可を得て低空飛行をした際に、パイロットから強く言われた。

「あなたも乗員の一人です。絶対、高圧電線(架線)を見逃さないで下さい。墜落しますから」

孤立した住民一人一人を身を賭して救い出す「いのちを守る」活動に頭が下がる。

自衛隊に「自衛」の概念からはみ出すような行動を新たに求めようとする現政権の動きがある中、彼らの懸命な救出活動に敬意を表したい。

やはり、人をあやめるより、人を救う方がいいに決まっている。

あわせて読みたい

「自衛隊」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    アドバイザリーボード・分科会と感染研は信頼に足るのか?

    青山まさゆき

    05月18日 08:20

  2. 2

    負傷者数半減は嘘?交通事故を物損事故として扱う警察の怠慢

    紙屋高雪

    05月18日 08:42

  3. 3

    『週刊さんまとマツコ』はなぜそっちへ行った?残念な理由

    メディアゴン

    05月18日 08:21

  4. 4

    早くもウーブン・シティ開発に着手 にわかに信じがたい豊田章男氏の経営スピード

    片山 修

    05月18日 08:11

  5. 5

    「オリンピックは中止すべき」の調査結果は正しくない〜統計はウソをつく

    新井克弥

    05月17日 14:16

  6. 6

    「ワクチン大混乱」を招いたのは誰? 河野太郎の“突破力とスタンドプレー”に現場は困惑 - 辰濃 哲郎

    文春オンライン

    05月18日 10:23

  7. 7

    「『AERA dot.』および毎日新聞の記者の悪質な行為」大規模接種の報道めぐり岸防衛相

    ABEMA TIMES

    05月18日 10:27

  8. 8

    ビットコインから過去最大の資金が流出、価格頭打ちで=週間データ

    ロイター

    05月18日 08:56

  9. 9

    コロナ禍で取り残される「好きなこと」が無い人 誰かを責める前に行動せよ

    かさこ

    05月18日 09:02

  10. 10

    コロナ対策の都道府県別の評価【大阪府 最下位】

    山内康一

    05月17日 15:57

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。